企業責任

世界に前向きな変化を

変化をもたらす

「グローバルなソフトウェア/サービス企業として、クラス最高の製品とソリューションで業界をリードし、事業を行う方法に高い倫理基準を掲げることから、地域社会におけるボランティア活動やエネルギー効率が高く多くのハードウェアを必要としない製品の設計にいたるまで、すべての行動に当社の精神を反映することを目標とします。」

 Jim Chirico、社長兼CEO(最高経営責任者)

企業責任

アバイアでは、当社の従業員、顧客、ソリューション・サービス、サプライヤーを通じて社会、環境、経済面で前向きなインパクトを与える特有の機会があることを理解しています。当社ではこれを企業責任と呼んでいます。

当社のコミットメント

現代のワークプレースの変革、アバイアの技術の採用、サプライヤーへの感動の提供、顧客投資の価値の向上、所有コストの削減を通して世界に前向きな変化をもたらします。当社の成功は、当社の従業員、顧客、技術、サプライヤーが効率よく競争力を構築することによって生まれるものです。

当社の目標

世界中の当社のキャンパスと私たちが生活してビジネスを行う地域社会において意義深い仕事に感動を与えるのは人と場所です。製品とサプライヤーは、倫理的な調達と責任ある製品デザインを促進します。喜びを得た顧客は、環境に対する悪い影響を最小限に抑えながらその使命を加速化させます。

企業責任レポート

アバイア企業責任レポートは、当社のコミットメントと現在までの進捗状況を説明するものです。

FY16企業責任レポート >

FY15企業責任レポート >

FY14企業責任レポート >

 

企業責任ポリシー

当社の企業責任ポリシーは、当社の事業と運営を導く基盤を提供します。

企業責任ポリシー >

人権ポリシー

アバイアは、国連人権宣言に謳われている自由に選ばれた仕事の尊厳を信じています。Avayaは、事業運営およびサプライチェーンにおける児童労働の使用、奴隷、人身売買のリスクを識別し、防止することに努めています。

現代奴隷法に係る声明 >

人と場所

当社は、世界中の当社のキャンパスと私たちが生活してビジネスを行う地域社会において意義深い仕事に刺激を与えることで現代のワークプレースを変革することに取り組んでいます。エンプロイーエンゲージメントやボランティア活動から、Avayaの技術の採用や社内ビルにおけるグリーンイノベーションの実施にいたるまで、最も優秀な最高の人材を引き付けて維持する多様性に富んだ意欲あふれるワークプレイスを作り上げる重要性を認識しています。

慈善事業とエンプロイーエンゲージメント

年間を通じて従業員は、私たちが生活して働く地域社会に還元するチームビルディングや慈善活動を組織し参加します。これらの活動は従業員が主体になったもので、エンプロイーエンゲージメント委員会(EEC)によって企画されます。さらに、アバイアは10月を「募金月間」としてアバイアの従業員、サプライヤー、パートナーの団結力を高めて世界に変化をもたらすためにデザインされたキャンペーンを展開します。
さらに、アバイアは10月を「募金月間」としてアバイアの従業員、サプライヤー、パートナーの団結力を高めて世界に変化をもたらすためにデザインされたキャンペーンを展開します。

やる気にあふれた効率の良い職場環境

従業員は当社の技術を活用して、世界中の仕事仲間をシームレスに関与させ、問題の解決およびイノベーションの推進を図ります。さらに、効率の向上とチームビルディングおよびコラボレーションを促進するAvaya Real Estateスペースの改造を進行中です。主要イニシアチブとしては、グリーンリースプログラムの採用とITラボのエネルギー効率の向上に対する取り組みがあります。これらのすべての取り組みが当社が事業を行う方法を変え、当社が環境に与える影響を最小限にします。アバイアは科学に基づく削減目標を採用し、スコープ1とスコープ2の二酸化炭素排出量を19パーセント削減することができました。これは年間絶対削減目標の3パーセント、2020年までの累積削減目標の15パーセントを超えるものです。

文化と多様性

当社の文化は、当社のコアバリューと誠実な事業運営、グローバル行動規範に対するコミットメントに根差しています。企業としての当社の価値は、各個人の価値を認識することによって実現します。当社は多様性を当社の成功に不可欠な競争力として尊重します。当社は、地理的、戦略的、文化的にあらゆる面でグローバルな企業です。

製品とサプライヤー

責任ある製品デザインと倫理的なサプライチェーン

当社は、自社製品におけるエネルギー効率の高いデザインの優先化からサプライチェーン全体における安全で人道的な労働基準の確保にいたるまで、サプライチェーンにおける責任ある製品デザインの倫理的な調達の促進に取り組んでいます。

製品コンプライアンス

アバイアのソリューションに使用される自社設計の製品および他社の製品は、関連する環境法令と規則に準拠しているか評価されます。

製品デザイン

アバイアは、全ライフサイクルを通した当社製品の環境に対する影響を継続的に削減する取り組みである環境配慮設計(DFE)プログラムによってISO 14001認証を受けています。DFEの中核となる側面には、エネルギー効率の良いデザイン、脱物質化とリサイクルされた資材の製品への使用、リサイクル性と移行性のためのパッケージと設計などがあります。

EICCメンバーシップ

アバイアは、電子業界CSRアライアンス(EICC)に参加することで業界のベスト プラクティスに整合してサプライチェーンの透明性を向上させました。当社のアフリエイトメンバーシップは、安全で人道的な労働基準、環境に配慮したビジネスプラクティス、サプライチェーンにおける高い倫理基準を確実にします。当社はEICC行動規範を採用し、サプライヤーとの契約書にもこれを盛り込んでいます。

人権ポリシー

アバイアは、国連人権宣言に謳われている自由に選ばれた仕事の尊厳を信じています。アバイアは、事業運営およびサプライチェーンにおける児童労働の使用、奴隷、人身売買のリスクを識別し、防止することに努めています。

紛争鉱物

アバイアは、顧客とサプライヤーに協力して、自社のサプライチェーンにおける紛争鉱物の使用を追跡しています。このプロセスは、コンゴから特定の鉱物を調達することによって生じる社会的および環境的な弊害を排除することを目的としています。紛争鉱物には電子製品によく使われるスズ、タングステン、タンタル、金などがあります。

カスタマー

アバイアのエンゲージメントソリューションは、セキュリティ上のリスク、インフラの物理的フッ トプリ ント、運営コスト、天然資源に対する負担を削減しながら、人々を団結させて生産性を高めることで事業の使命を加速化させます。

アバイアソリューションの前向きなインパクト

当社のソリューションはあらゆる地域とセクターにおいて実行され、緊急時対応と障害復旧をサポートするように独自の位置づけされています。ヘルスケアサービスと教育へのアクセスを増加させ簡易化し、問題解決とコラボレーションを向上させ、相互運用可能なデザインを通じて操作効率を実現します。

技術的な利点

零細企業から政府機関にいたるまでアバイアのテクノロジーの利点には、生産性の向上、時間の節約、仕事とプライベートのバランスの促進、不要な経費の回避、リソースの最適化、エネルギー消費量の削減などがあります。

二酸化炭素削減の実現

気候変動の影響を低減するためにアバイアがもたらすことのできる最も重要な変化は、アバイアのテクノロジーを顧客に広めることです。たとえば、アバイアのビデオ会議のテクノロジーは出張の必要性を減らすことで二酸化炭素のフットプリントの削減を可能にします。FY15には、アバイアの顧客であるBallantyne StrongはAvaya Scopia®を採用することで旅費を80パーセントカットし、地球温暖化ガス(GHG)排出量を27.25メトリックトンCO2相当量削減しました。

障害者に平等な技術アクセスを提供

障害者の技術アクセス権利を保護する法律や規則はないものの、障害者に技術・情報への「平等なアクセス」を提供することはビジネスにとって重 要です。これにより、才能にあふれる忠実な多数の労働要員と顧客ベースが生まれます。

Error: There was a problem processing your request.