Compare Plans

パブリックセーフティ

次世代緊急コミュニケーションへの準備を

詳細はこちら

住民と緊急スタッフへの権限委譲

政府および公共の安全機関と住民の間のやりとりを、これまでにないほどスムーズに。最新のコミュニケーションテクノロジーは、人、リソース、データ、およびソリューションを連携させ、これまでよりも迅速かつ正確な情報提供・対応を可能にします。

240 M

毎年米国では911へ2億4,000万件の緊急通報が寄せられます

80%

米国の緊急電話の約80%は無線デバイスからのものです

10%

911(米国の緊急電話番号)でいち早く場所を特定することができる可能性は10%程度

アバイアにできること

コラボレーションソリューション

  • モバイルコミュニケーション
  • マルチメディアコミュニケーションの確保
  • 自動ワークフロー
  • 総合電話対応デスクトップ

市民サービス

  • オムニチャネルソリューション
  • 自動管理
  • スマートルーティング
  • センチメント分析

リモート管理

  • ビデオ、オーディオ、およびウェブソリューション
  • 柔軟な設定とプログラミング
  • Proactive Outreach機能
  • クラウド展開の自由

電話システムコンプライアンス

  • NG911(次世代911)コミュニケーションフレームワーク 
  • リアルタイムな動的位置データ
  • 正確な状況認識
  • プラットフォームにとらわれない

Avaya SENTRYがFrost & Sullivan Product Leadership Award(フロスト&サリバン社の製品リーダーシップ賞)を受賞

発信者の位置をピンポイントで正確に特定でき、最初の対応者がより早く現場に到着することができる「Avaya SENTRY」を用いた公共安全体験の転換が評価されています。あらゆるPBXシステム(お客様のものも含みます)にカスタマイズやインストールが可能です。機能に関する詳細は、Frost & Sullivanのホワイトペーパーをご覧ください。

ダウンロード

リソース

ブログ

Verizonの緊急対応シミュレーションにおけるAvaya

インテリジェントな公共安全ソリューションがどのように機能するかをご説明しています。Avayaが複雑な攻撃と対応のデモで活用されている様子をご覧ください。

null null null null

エキスパートと話す

お問い合わせは以下のフォームにご記入ください。アバイアのソリューションスペシャリストからすぐにご連絡いたします。

Error: There was a problem processing your request.