Compare Plans

2019/01/22

アバイア、新登場の「Avaya OneCloud」UC/CCソリューションを対象とした、プライベートクラウドの提供モデルを発表

グローバル・エンタープライズ向けに
「Avaya OneCloud ReadyNow」がクラウドのメリットをより簡単に実現可能に

米アバイア・ホールディングス(本社:米カリフォルニア州サンタクララ、プレジデント 兼 最高経営責任者(CEO):ジム・チリコ、以下「アバイア」)は本日、スピードと利便性、自動化機能によって、クラウド・コミュニケーションのメリットを実現する、プライベートクラウドの新たなモデル、ユニファイド・コミュニケーション・アズ・ア・サービス(UCaaS)/コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)向けソリューション「Avaya OneCloud」を発表しました。新しいモデルの「Avaya OneCloud ReadyNow」プライベートクラウド製品は、シート単位による事前構成済みの利用モデルと、UCaaSとCCaaS、両方のソリューションの標準バンドルを特長としており、オンプレミスからクラウド・プラットフォームへの移行に伴うリスク、コスト、複雑性を軽減します。

アバイアは、今週開催中の年次ユーザー・グループ・カンファレンス「Avaya ENGAGE」にて、最新のAvaya Intelligent Xperiences(Avaya IX)アーキテクチャと、同ブランドを冠したソリューションを発表しており、Avaya OneCloudプライベートクラウド製品も、その一環として発表されています。顧客がデジタルトランスフォーメーションとソリューションのクラウドへの移行を進める中、顧客とパートナーの意見を取り入れた今回の新たなネーミングは、アバイアのソリューション構成の無駄をなくすと同時に、顧客に提供する豊富なエクスペリエンスを反映しています。

クラウドのシート数が350万を上回り、現在も増加を続ける中、アバイアは現在、業界をリードするSaaS機能を活用し、あらゆる領域のビジネス・コミュニケーションのエクスペリエンスをクラウドに対応させています。Avaya OneCloudプライベート・ソリューションはカスタマイズ性に優れ、専門家チームがアプリケーションの設計、カスタマイズ、管理をサポートすることで、独自性が高く、複雑になりがちなデジタルトランスフォーメーションのニーズに応えます。

エンタープライズのITリーダーの多くは、運用コスト(OPEX)ベースの利用モデル、柔軟性、導入のスピードなどの観点から、パブリッククラウド製品のメリットに関心を寄せています。しかし、新興のクラウドCCaaS/UCaaSベンダーの場合、コントロール機能やセキュリティの懸念に加えて、管理機能やカスタマイズの選択肢が限られており、大規模な導入環境の採用は遅れています。今回の新たなソリューションを通じ、アバイアはハイブリッド型の柔軟なクラウド・アプローチを採用しており、小規模企業から最大規模のグローバルな導入環境まで、さまざまなニーズに応えていきます。

アバイアのクラウド・ビジネス・グループのプレジデントであるガラブ・パッシ(Gaurav Passi)は、次のように述べています。「アバイアは世界で1億4,500万回線を誇るマーケット・リーダーです。重要なクラウドの移行でエンタープライズのお客様をサポートし、お客様のご安心できる規模とパフォーマンスで業務を行えるよう、ベストな体勢を整えています。」

Carousel社のアバイア・セールス部門バイスプレジデントであるスティーブン・バーナード(Steven Bernard)氏は、次のように述べています。「20年以上にわたるアバイアのトップパートナーとして、当社はこれまで、アバイアが音声コミュニケーション企業から堅牢なクラウド・ソリューションのプロバイダへと進化し、さまざまなニーズに応える高水準の柔軟性、拡張性、セキュリティの達成をサポートしていくのを見てきました。当社のUC/CCのお客様に対し、アバイアがクラウドベースのバンドル製品を提供することで、さらなる効率化を実現しつつ、お客様の求める拡張性と利用のニーズに応える環境を設計できることは、大きな喜びです。」

Avaya OneCloud ReadyNowの特長:

  • 既存のオンプレミス・ビジネスを対象とした、クラウドへの最も簡単な移行手段
    • 高度に自動化されたリファレンス・アーキテクチャをベースとするUC/CCの標準バンドルにより開発・導入期間を短縮
    • グローバルに導入されたデータセンター内の、事前開発済みの仮想クラウド・インフラストラクチャ
    • カスタマイズ可能な構成オプションによって、アバイアの定評ある現行のユーザーエクスペリエンスとビジネスのワークフローをクラウド環境でも維持
    • 設計、概念実証(PoC)、パイロット・プログラムから本番環境までのプロセスを、顧客自身のペースにより、同一インフラストラクチャ内で遂行
    • 新たなサービスと機能を迅速・効率的にクラウド環境に追加
    • 必要に応じた規模の拡大・縮小により、季節的な変動、特別プロジェクト、新たな要件に対応
  • エンタープライズレベルのソリューションによって、複雑性とコストを軽減
    • 顧客の必要とする機能と、顧客独自のビジネスニーズに応じた拡張性・信頼性
    • 単一テナントのソフトウェアが、組織のコントロールを実現
    • クラウドの提供システムを通じ、保守・更新作業のすべてをアバイアが請け負うことで、高スキルの人材が、高価値のプロジェクトに専念
  • 万能型のアプローチではなく、顧客のビジネスに応じて設計される、専門家主導のカスタム・ソリューション
    • 本格的な稼働開始までの期間、顧客のニーズを理解できるよう、アバイア公認の専門家チームがサポート
    • カスタム開発のアジャイルな導入環境により、簡単なハイブリッド・オプションが実現、本当に必要な時に、本当に必要な機能を利用可能
  • オールインワンの高信頼性サービス
    • UCとCCの一方もしくは両方を実行
    • 世界中に駐在の専門家チームが、クラウドへの移行をサポート
    • SLAに支えられた、24時間365日体制の一貫性・信頼性に優れたマネージド・サービスの本番サポート
    • グローバル基準をベースとした提供モデルにより、サービスについて、一貫性のある予測可能な水準を達成
    • 通信ソリューションの業界リーダーによる、ビジネスのサポートがもたらす安心感

Avaya OneCloud UC/CCソリューションは、米国、ドイツ、シンガポールのデータセンター・ネットワークを通じて提供され、日本を含む34カ国で利用可能です。全世界の顧客ニーズの高まりに応えるべく、今後数カ月間で、グローバルなデータセンターのネットワークを拡大していきます。

アバイアについて

アバイア(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)は、100年以上にわたり、お客様とその顧客にインテリジェントなコミュニケーション体験を創造することで、世界中のあらゆる組織における成功を支援してきました。アバイアは、コミュニケーションとコラボレーションを強化し簡素化するため、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境に柔軟に展開できる、オープンで統合された革新的なソリューションを提供します。お客様のビジネスの成長のために、イノベーション、パートナーシップ、そして、未来のテクノロジーの開発に注力しています。お客様が信頼できるテクノロジー企業として、「真のエクスペリエンス」の提供を支援します。詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイア ウェブサイト:http://www.avaya.com/jp
日本アバイアFacebook:https://ja-jp.facebook.com/avaya.jp

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
日本アバイア株式会社
マーケティング部   加瀬 健
電話: 03-5575-8822   Fax: 03-5575-8908   E-mail: kase@avaya.com

(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 太田、伊藤、笠羽
電話: 03-5159-5750   E-mail: AvayaJP_PR@hoffman.com

Attention

We were not able to identify your user role in our system. Would you like to become a customer and continue to your purchase? Otherwise you will be redirected to continue browsing Avaya.com

No
Error: There was a problem processing your request.