1_1xh09nax

Avaya Conversational Intelligence

AIがお客様の音声によるやり取りを機械で読み取ることができる形式に変換するため、通話後の業務を削減し、エージェントの労力を減らすことができます。


[00:00:00]
>> [音楽] コンタクトセンターでは すべての会話は機会です。 顧客は自分のニーズや好み、 好き嫌いを語ります。 エージェントは最善を尽くして 予測、 対応、 問題解決を図ります。 これらの会話には非常に多くの 情報が含まれています。 その情報を捕え、 採掘し、 手掛かりや洞察を特定して 顧客エンゲージメントに役立たせることができれば? あなたのビジネスに入って来るあらゆる電話に それができるとしたら? しかも顧客との会話中に。 今、 Avaya Conversational Intelligenceで それが可能になりました。 この機能は瞬時に会話を捕え分析し、 会話を翻音するだけでなく、 言外の意味を読み取り 会話が進むにつれ顧客と エージェントの感情に焦点を当てます。 また、 何か重要なことを特定した場合、 瞬時に行動を開始し、 アップセルの提案をしたり コンプライアンスの要件に注意を喚起したり、 顧客体験を向上させるための プロセスや行動を起こします。 従来のスピーチ分析は 事後の分析のために会話を捕え翻音します。 Avaya Conversational Intelligenceは言葉と意味を捕え、 業界先端の単語認識率で、 数秒、 寸時に 行動を起こします。 すべての通話を捕えるため、 会話の進行と同時に動向を解読します。 そして会話が終了すると、 CRNシステムへ直接要約を送信します。 通話後のエージェントの作業を最大50%軽減し、 膨大な顧客インテリジェンスのデータバンクを作成し、 貴社のマーケティング、 運営、 新製品開発など 様々なチームが より良いビジネスを構築することが可能になります。

[00:01:55]
Avaya Conversational Intelligenceは クラウドベースなので、 既存のインフラで動作し、 変更の必要はありません。 拡張可能なので、 小規模から始め 事業に応じ成長させることができます。 また、 オープンAPIなので他のアプリケーションや AI機能に簡単に接続が可能です。 例えば Cogitoプラットフォームは APIを介してコンテキスト データを活用し、 エージェント支援アプリケーションを向上します。 顧客体験を変革させる次のステップは、 顧客との会話の力を解き放つことから始まります。 今すぐAvayaのConversational Intelligenceを ご利用ください。 [音楽]