Compare Plans

Frequently Asked Questions

はじめに

1) Avaya OneCloud CPaaSを使用してビルドできるものは何ですか?

Avaya OneCloud CPaaSは、あらゆるタイプのアプリケーションにシームレスに組み込まれる包括的な通信機能セットを備えた、使いやすいプラットフォームを企業に提供します。  Avaya OneCloud CPaaSでは、思いつく限りの音声/SMS対応アプリケーションを自由に構築できます。

使用する言語でコード例を検索する:

対象外の言語をご希望の場合は、当社までお問い合わせください

2 )Avaya OneCloud CPaaS上でビルドできないものは何ですか?

違法と見なされる活動を支援または実施する緊急サービス、未承諾のマーケティング、アプリケーションは許可されません。

SMS/MMSについては、当社のSMS/MMS行動規範の参照を推奨しています。

Avaya OneCloud CPaaS上にビルドできるアプリの例をいくつかの異なる場所で紹介します。 

また、特定の言語を使用して作成された例を探している場合は、次のリンクを参照してください。 

対象外の言語をご希望の場合は、当社までお問い合わせください

3) Avaya OneCloud CPaaSはREST APIを提供しますか?

はい。  当社のRest APIでは、通話の開始、電話番号の入手、SMSメッセージの送信、アカウント アクティビティに関する詳細情報の取得、電話会議の開催などを行うことができます。RESTの体験は、Avaya OneCloud CPaaSで開発する際に役立ちますが、必須ではありません。  当社は、REST APIを使用するために必要な情報をドキュメントで提供できるよう最善を尽くします。 

REST APIの詳細については、ドキュメントをご覧ください。

トライアルアカウントで何ができますか?

Avaya OneCloud CPaaSにサインアップすると、無料で$2.00のクレジットが付与されます。  これは、プラットフォームに慣れ、最初のアプリケーションを構築またはテストするのに役立つでしょう。無料クレジットは、国際通話を除くすべてのAvaya OneCloud CPaaS機能で利用できます。 

トライアルアカウントには、以下の制限があります。 

  • 1秒あたり最大1件のアウトバウンド通話またはSMS  
  • 電話番号1つに制限 
  • 国際通話先の制限 
4) トライアルアカウントを取得するにはどうすればよいですか?

お問い合わせフォームに詳細を記入し、当社セールスチームまでご連絡いただければ、トライアルアカウントの作成をご案内いたします。

また、以下の資料もご参照ください。 

5) 本稼働アカウントにアップグレードするには、どうすればよいですか?

Avaya OneCloud CPaaSに登録すると、トライアルアカウントと無料クレジットが提供され、電話番号を購入してサービスの使用を開始できます。トライアルの制限を削除するには、Avaya OneCloud CPaaSにログインし、ダッシュボードの[Request Production Access(本稼働アクセスのリクエスト)]ボタンをクリックします。承認されると、完全な無制限制作アカウントが作成されます。 

短縮コード、無料通話および10DLC番号を使用したメッセージング 

1) Avaya OneCloud CPaaSが提供するメッセージング サービスの種類は何ですか?

Avaya OneCloud CPaaSは、MMSとSMSの両方のメッセージングをサポートしています。メッセージング サービスの詳細については、CPaaS C機能を参照してください。

2) Avaya OneCloud CPaaS上にはどのようなタイプのメッセージング アプリをビルドできますか?

カスタマー通知、認証、ポーリング、調査などのアプリケーションを構築できます。ヘルパーライブラリの例を確認して、次のアプリを開始してください。 

3) MMSメッセージおよびSMSテキストメッセージの文字数制限はありますか?

MMS/SMSメッセージのテキスト部分は、160文字に制限されています。 

4) 携帯ショートメール(SMS)またはMMS対応の電話番号は使用できますか?

はい。SMSとMMSの両方でポートされた番号を有効にできます。さらに詳しい情報が必要な場合は当社までお問い合わせください

5) MMSで共有できるコンテンツの種類について教えてください。

MMSでは、米国およびカナダのMMS対応番号と音声、画像、ビデオを共有できます。次の形式に対応しています。

  • オーディオ:amr、mp3、wav 
  • 画像: jpg、gif、png 
  • ビデオ:mp4、avi、flv 

メディアのサイズ制限は5MBです。  現時点では、メッセージ本文に複数のメディアファイルを送信することはできません。MMSは現在、米国およびカナダでのみの対応です。 

MMS機能の詳細について、詳細をご確認ください。

6) Avaya OneCloud CPaaS MMSに対応している国はどこですか?

現在、MMSは米国およびカナダでのみ対応しています。

7) SMSに対応している国はどこですか?

現時点では、双方向SMSは米国およびカナダでのみ対応しています。  国外からのSMS送信にも対応しています(対応可能な国は異なります)。  

対応している国の一覧については、グローバル料金表を参照してください。

対応していない国が見つかった場合は、詳細について当社にお問い合わせください

8) SMS連結とは何ですか? Avaya OneCloud CPaaSはそれに対応していますか?

標準SMSは160文字に制限されていますが、ほとんどのモバイルデバイスは、この制限を超えるテキストメッセージの表示機能に対応しています。ユーザーの視点から、160文字を超えるテキストがシームレスなメッセージとして表示されます。このため、通信事業者はテキストメッセージの自動分割と連結(またはつなぎ合わせ)をサポートする必要があります。 

SkypeではSMSの連結をサポートしています。これは、テキストメッセージの長さを気にする必要がなくなることを意味します。長いテキストメッセージ(インバウンドとアウトバウンドの両方)はバックグラウンドで分割されますが、カスタマーは常に1つのSMSとしてメッセージを受信します。

9)MMSとSMSのテキストメッセージの送信に無料通話番号を使用できますか?

はい。当社の米国およびカナダの無料通話番号のほとんどは、デフォルトでSMS/MMSが有効になっています。   SMS/MMSで既存の無料通話番号を有効にする場合、Skypeではその番号に完全にポートすることなく、その機能をサポートしています(音声チャネルは既存の音声プロバイダに残ります)。詳しくは電話番号一覧をご覧ください。

10) Avaya OneCloud CPaaS番号へのインバウンド メッセージングはサポートされていますか?

サポート対象国の一覧については、グローバル料金表を参照してください。

11) Avaya OneCloud CPaaS経由でSMSまたはMMSを送信する方法はどこで確認できますか?

Avaya OneCloud CPaaS番号を購入した後、またはポート番号を有効にした後、SMSまたはMMSメッセージの送信について、次のリンクを確認してください。

また、SMS/MMSの詳細についてはヘルパーライブラリをご確認ください。

12) SMS/MMSテキストメッセージは一度に何通送信できますか?

デフォルトでは、メッセージには毎秒1 SMS/MMSの制限があります。SMS/MMSメッセージをより高いレートで送信する必要がある場合は、当社まで詳細をお問い合わせください

13) デフォルトのSMSフィルタリング動作について教えてください。

ユーザーが提供したSMSリクエストURLセットをまだ持っていないすべてのAvaya OneCloud CPaaS番号は、次のデフォルトのSMSフィルタリング動作で提供されます。 

  • 受信者が Avaya CPaaS SMS メッセージに「STOP(終了)」、「QUIT(辞める)」または「UNSUBSCRIBE(登録解除)」と返信すると、その番号からSMS メッセージが受信されなくなります。  

  • キーワード「START(開始)」、「YES(はい)」、または「SUBSCRIBE(登録)」によりこのブロックが解除できます。 

  • 「HELP(ヘルプ)」は、上記のキーワードを受信者に通知します。 

SMS リクエスト URL が設定されると、このデフォルト動作は停止し、開発者は独自の SMS フィルタリング ソリューションを実装できます。 http://docs.zang.io/aspx/inboundxml#smsをご確認ください。  また、サブスクリプション解除サービスの詳細については「CPaaSセキュリティ&アーキテクチャガイド」を参照してください。 

当社のメッセージ料金は、グローバル料金表に記載されています。

14) SMSとMMSの料金はどこで確認できますか?

当社のメッセージ料金は、グローバル料金表に記載されています。

15) 短縮コードはありますか?

はい。  Avaya OneCloud CPaaSを通じて、既存の事前承認済みの共有短縮コードをリースできます。  これらの共有短縮コードは即座にプロビジョニングされるため、専用のショートコードを取得する長いプロセスを回避できます。  

ただし、専用の短縮コードを取得して展開するためのプロセスについてもサポートいたします。  これらは、お客様のビジネスのための短縮コードです。  詳細については、当社までお問合せください

16) 「短縮コード」と「ロングコード」の違いは何ですか?

ロングコードは、10桁の電話番号で、5桁または6桁の番号です。  

ロングコードは、個人間のインタラクションを促進するP2P(ピアツーピア)アプリに適しています。多くの場合、現地の規制(米国を含む)では、すべてのP2Pコミュニケーションをロングコードで確立することが要求されています。 

A2P(Application-to-Peer)アプリには短縮コードが必要です。この種のアプリにより、企業が個人に一括メッセージを送信できるようになります。また、多くの場合、カスタマーに一括メッセージを送信することが法的に義務付けられています。 

17) 10DLC番号とは何ですか?

10DLC番号は、音声および SMS 機能を備えたロングコード番号です。米国の通信規制では、番号タイプがロングコードの場合、10DLC番号を使用してA2P(Application to Person)メッセージを送信することが必須です。ロングコードベースの10DLC番号は短縮コードよりも安価で、SMSおよびMMSの送信スループットが低くなります。  

18) 米国用の10DLC番号はありますか?

はい。米国のローカル番号を購入した後に、SMSとMMSを送信するには10DLC番号に変換する必要があります。   

19) 米国の10DLC番号には音声がありますか?

はい、米国10DLC番号は音声に対応しています。  

20) メッセージング サービスの大口販売価格を提供していますか?

はい。  大口ユーザー向けのカスタムSMS/MMS価格プランを提供しています。詳細については、当社までお問い合わせください

音声

1) Avaya OneCloud CPaaSと通話するにはどうすればよいですか?

Avaya OneCloud CPaaS番号を購入した後、または既存の番号をポートした後は、API Explorerで最初の通話についての簡単なチュートリアルをご覧ください。

また、音声機能の詳細については、ヘルパーライブラリをご覧ください。

2) どのような音声圧縮をサポートしていますか?

G.711は現在、Avaya OneCloud CPaaSをサポートしている音声圧縮です。 

3) 1秒あたりのコール数に制限はありますか?

発信通話は、デフォルトでは1秒あたり1件に制限されています。着信通話に制限はありません。 

既定の制限を変更する場合は、当社に連絡し、プロセスを開始してください。

4) 購入可能なすべての電話番号のリストを表示するには、どうすればよいですか?

新規のAvaya OneCloud CPaaS番号を追加する場合は、利用可能な番号を知る必要があります。当社のREST APIが利用可能な番号とそのリソースプロパティのリストをリクエストする方法を提供するため、どの番号から選択できるかを把握できます。 

個別のAvailablePhoneNumberリソースはリクエストできません。  リクエストは、リクエストとともに送信されたフィルタリング パラメータに基づいて利用可能なリソースのリストのみを返信します。  

利用可能な電話番号のリストをリクエストする方法についての詳細についてはこちらをご確認ください。

また、Avaya OneCloud CPaaSにサインアップした後、CPaaSダッシュボードを使用して[Numbers(番号)]に移動し、[Buy a Phone Number(電話番号の購入)]を選択して、利用可能なすべてのローカル番号と無料通話番号のリストを検索します。 

5) CPaaS InboundXMLとは何ですか?

CPaaSは、Avaya OneCloud CPaaSが通話とSMSをどのように処理すべきかを説明するためのフォームまたはInboundXMLのXML要素をサポートしています。  詳細についてはこちらをご確認ください。  

6) Avaya OneCloud CPaaSは通話記録を有効にしますか?

はい。  エレメントは、通話中に音声を録音するために使用されます。これは、InboundXMLドキュメント内の任意の場所で実行できますが、そのドキュメントに到達してからのみ録音が開始されます。これは、コール全体が記録されるには、最初のエレメントである必要があることを意味します。録音が完了すると、録音されたオーディオの URL が作成され、「GET」または「POST」としてアクション URL に送信されます。 

Gatherエレメントと同様タイムアウト値では、録音が終わる前にどの程度の消音を許可するかを設定します。[maxLength(最大の長さ)] では録音の長さを設定し、[finishOnKey(キーで終了)]を使用して録音を終了するキーを設定します。デフォルトにおいてアクションとメソッドは、現在のInboundXMLドキュメントのURLにPOSTを作成するアクションとメソッドを指定します。  

通話記録の詳細についてはこちらをご覧ください。

7) 通話記録を録音できますか?

はい。Avaya OneCloud CPaaSは、コール/通話記録をネイティブで書き起こす機能に対応しています。コールの長さと複雑さに応じて、プロセスにかかる時間は数秒から数分までと異なります。通話記録はユーザーが指定したURLで利用可能になります。 

通話記録の詳細についてはこちらをご覧ください。

8) 価格とサポートしている国のリストはどこで入手できますか?

サポート対象国の一覧については、グローバル料金表を参照してください。サポート対象外の国については、当社までお問い合わせください

9) 音声サービスの大口販売価格はありますか?

はい。  大口の音声サービスユーザー向けにカスタム価格プランを提供していますので、当社までお問い合わせください

10) 接続できない通話にも料金は請求されますか?

コール開始は、ダイヤルではなく接続によって定義されます。  通話が接続しない場合、料金は発生しません。  

11) 番号の入力にはどのような形式が使用できますか?

[To(着信側)]、[From(発信側)]、および [ForwardedFrom(転送発進側)] パラメータは、自動的に書式設定されます。空白スペースが切り捨てられ、文字や記号などの無効な値が無視されます。  これにより、任意の書式を使用できます。  例:

  • XXX-XXX-XXXX 
  • X (XXX) XXX-XXXX 
  • XX X X XXXX X XX 

通話パラメータの詳細についてはこちらをご確認ください。

12) 電話番号の購入方法について教えてください。

Avaya OneCloud CPaaSは、アカウントの番号メニューから購入可能な2種類の番号(ローカルと無料通話)を提供しています。[Buy a Phone Number(電話番号の購入)]をクリックして、利用可能な電話番号の一覧を表示します。このメニューでは、ローカルと無料通話を切り替えることができます。また、番号の横のアイコンにも注意してください。これらのアイコンは、番号が着信音声サポート、着信SMS、着信MMSのいずれに対応しているかを示します。 

特定のプレフィックスまたはプレフィックスの範囲について特定のニーズがある場合は、当社までお問い合わせください

13) 無料通話番号はありますか?

はい。  当社では、40ヶ国以上の無料通話番号をサポートしています。料金は月額$2からとなります。サポートされている国と料金の一覧については、当社までお問い合わせください

14) Avaya OneCloud CPaaSは音声会議をサポートしていますか?

はい。  番号エレメントと同様に、エレメントはダイヤルエレメント内にのみネストされます。番号をダイヤルする代わりに、エレメントは進行中の通話を会議室に接続できるようにします。 

デフォルトでは、2人の通話者が入室するまで、すべての通話者が保留音を聞くよう設定されています。この動作を変更するには、[startConferenceOnEnter(エンターで会議の開始)]を[true(正)]または [false(誤)]に設定します。[waitUrl(待機時間)]の属性を使用して、MP3を設定できます。よりカスタマイズしやすくするために、呼び出し側が待機している間も、InboundXMLドキュメントのURLを使用できます。  受信XMLドキュメントが使用されている場合、「the」およびエレメントは許可されません。呼び出し側が入室または退室すると、[beep(呼び出し音)]の属性が[true(正)]のデフォルト値に設定されている場合、呼び出し音が鳴ります。参加者は、[muted(ミュート)]の属性を[true(正)]に設定することで、最初にミュートすることができます。 

会議室は、[maxParticipants(最大参加人数)]の属性を設定することで、特定の人数の参加者に制限できます。[endConferenceOnExit(退席で会議を終了)] の属性は、特定のユーザー (または複数のユーザーの1人)が退席すると会議を終了するために使用します。 

会議の詳細をご確認ください

15) Avaya OneCloud CPaaSは自動音声認識サービスを提供していますか?

はい。  最近、「GetSpeech(スピーチを開始する)」という新しい動詞がInboundXMLスクリプトのインターフェイスに追加されました。「GetSpeech(スピーチを開始する)」は、現在 DTMF の数字を収集するために使用される動詞と同様のプログラマビリティで動作します。 

新しくリリースされた機能の詳細については、当社までお問い合わせください

16) Avaya OneCloud CPaaSでテキスト読み上げを有効にすることはできますか?

はい。  [Say(発声)]のエレメントは、テキスト読み上げエンジンを使用して、発信者にテキストを読み上げます。現在のバージョンの[Say(発声)]のエレメントは、音声、言語、性別のさまざまなオプションをサポートしています。 

オプションとテキスト読み上げエンジンの詳細をご確認ください

17)テキスト読み上げをサポートしている言語は何ですか?

以下の言語は、男性と女性の音声の両方でサポートされています。 
言語名 - 言語コード  

  • en_US – 英語(米国) 
  • ja-JP – 日本語  
  • tr-TR – トルコ語  
  • sv-SE – スウェーデン語  
  • ru-RU – ロシア語 
  • ro-RO – ルーマニア語  
  • pt-PT – ポルトガル語 
  • pt-BR - ポルトガル語(ブラジル) 
  • pl-PL – ポーランド語 
  • NL-NL – オランダ語 
  • nb-NO – ノルウェー語 
  • it-IT – イタリア語 
  • is-IS – アイスランド語 
  • fr-FR – フランス語  
  • fr-CA - フランス語(カナダ) 
  • es-US - スペイン語(米国) 
  • es-ES - スペイン語(スペイン) 
  • en-GB-WLS - ウェールズ英語 
  • en-IN - 英語(インド) 
  • en-GB - 英語(イギリス) 
  • en-AU - 英語(オーストラリア) 
  • de-DE – ドイツ語  
  • da-DK – デンマーク語 
  • cy-GB - ウェールズ語 
18) 着信通話についてどのような情報を収集できますか?

Avaya OneCloud CPaaSはキャリアサービスを提供しているため、利用者は着信通話に関する有用な情報を収集できます。  キャリアサービスは、次の3つの機能に分けられます。  

  • Worldwide Carrier Lookup (ワールドワイドキャリア検索) - 電話番号だけで、国コード、キャリア、端末がモバイルかどうかなどの項目を含む、電話番号に関する情報を検索できます。  
  • BNA検索 - 請求先名アドレス(BNA)検索では、+1のエリアコードを利用する地域で使用できる電話番号に関連付けられた物理的な場所と名前を検索できます。  
  • CNAM検索 - 個人または会社の電話番号の発信者名(CNAM)発信者ID情報を検索する方法を提供します。  

Avaya CPaaSキャリアサービスの詳細をご確認ください。

19) Avaya OneCloud CPaaSはSIP登録に対応していますか?

はい。SIP登録では、SIP対応デバイスまたはソフトフォンをAvaya OneCloud CPaaSに直接接続し、APIを使用して呼び出し処理ロジックを構築できます。  

SIP登録を使用して通話を送受信するには、いくつかの設定手順が必要です。 

  • Avaya OneCloud CPaaSポータルにログインし、新しいSIPドメインを作成します。 
  • SIP登録を有効にします。 
  • SIP対応電話をAvaya OneCloud CPaaSに接続するように設定します。  
  • 電話番号を購入します。 
  • Avaya OneCloud CPaaS API を使用して、コールがSIP 電話番号をダイヤルする際に、SIP電話を呼び出します。 

詳細については、スタートガイドを参照してください。SIP登録についてサポートが必要な場合は、当社までお問い合わせください

番号

1) エリアコードで地元のAvaya OneCloud CPaaS番号を取得できますか?

Avaya OneCloud CPaaSは、米国とカナダのほぼすべてのエリアコードに電話番号を提供していますが、電話番号が利用できない地域もいくつかあります。  価格と国についてはこちらをご覧ください。

2) 任意の電話番号を選択できますか?

番号が使われていない限り可能です! [Numbers(番号)]メニュー(上部のナビゲーションバーにあります)をクリックして、利用可能なすべての地元の番号とフリーダイヤル番号を確認します。 

特定のプレフィックスまたはプレフィックスの範囲について特定のニーズがある場合は、当社までお問い合わせください。また、当社が提供する番号については価格/料金一覧をご確認ください。

3) 既存の電話番号をAvaya OneCloud CPaaSのアカウントにポートできますか?

はい。既存の番号は、キャリアが最初に設立された国の国内において、キャリア間でポートできます。既存の番号にポートするには、認証状またはRODAAに記入し、ポートされる番号に関連する最新の請求書のコピーを提供する必要があります。当社にお問合せください。

4) 番号のポートにかかる費用はいくらですか?

米国とカナダで電話番号をポートする場合、1つの番号につきわずか1.00米ドルから利用できますが、当社では数量割引を提供しています。当社にお問合せください

5) 番号のポートには、どのくらいの期間がかかりますが?

番号のポートにかかる時間は、キャリアや国によって異なります。通常、番号のポートプロセスは24~48時間、または30日間かかります。お客様とお客様のキャリアと協力して、このプロセスをできるだけ短縮するよう取り組んでいます。 

6) Avaya OneCloud CPaaSでの番号の購入方法について教えてください。

Avaya OneCloud CPaaSは、アカウントの番号メニューから購入可能な2種類の番号(ローカルと無料通話)を提供しています。[電話番号の購入(Buy a Phone Number)]をクリックすると、利用可能な電話番号の一覧が表示されます。このメニューでは、ローカルと無料通話を切り替えることができます。また、番号の横のアイコンにも注意してください。これらのアイコンは、番号が着信音声サポート、着信SMS、着信MMSのいずれに対応しているかを示します。 

特定のプレフィックスまたはプレフィックスの範囲について特定のニーズがある場合は、当社までお問い合わせください。 

7) いくつの番号を購入できますか?

「トライアル(Trial)」アカウントでは1つの番号に制限されます。「実稼働(Production)」アカウントにアップグレードすると、その制限は解除され、クレジットが利用可能な限り、必要な数だけ購入できます。 

8) Avaya OneCloud CPaaSから購入した番号をキャンセルまたは削除できますか?

はい。  ログインしたら、ナビゲーションバーの[Numbers(番号)]に移動して、「[Manage Numbers(番号の管理)]ドロップダウンをクリックします。  削除したい番号をクリックし、リリース番号を押します。番号がリリースされ、その番号の所有権に関連する今後の費用(当月の料金)もリリースされます。 

誤って番号を削除した場合は、当社までお問い合わせください

9) サポートするすべての国の価格はどこで確認できますか?

こちらでは価格と国別の対応可能状況を確認できます。さらにサポートが必要な場合は当社までお問い合わせください

10) 番号の設定方法について教えてください。 

電話番号は、購入時に即座にプロビジョニングされます。  また、SMS/MMS対応の電話番号か、音声のみ対応の電話番号のいずれかをいつでも選択できます。番号を購入したら、Avaya OneCloud CPaaSポータルから番号を表示および管理できます。   

価格設定/請求

1) Avaya OneCloud CPaaSの使用中に課金される料金について教えてください。

Avaya OneCloud CPaaSはデフォルトで、1分あたりの通話料金、メッセージ単位、または購入した電話番号の月額料金など、ユーザーが使用する該当サービスに関連する料金に基づいて、アカウント残高からクレジットを自動的に控除します。  

2) Avaya OneCloud CPaaSクレジットの購入方法について教えてください。

Avaya Cloudアカウントで本稼働環境へのアクセスが付与されると、アカウントにクレジットカードを設定し、クレジットを購入できるようになります。オンラインクレジットの購入は、わずか$10から開始できます。クレジットカードを設定すると、自動補充を設定でき、アカウントが$0.00に達するのを防ぐしきい値を設定できます。   

3) 他にどのような請求/支払いオプションをサポートしていますか?

オプション1)Avaya OneCloud CPaaS営業担当者は、CPaaSクレジットのブロックの見積もりを提供できます(最低で1,000ドルの購入が必要です)。  ご購入の注文を開始するには、当社までご連絡ください。CPaaSクレジットのブロックは前払いされていますが、ACH電信送金などの追加の支払いオプションが含まれています。支払いが受領されると、当社の担当チームがお客様のAvaya Cloudアカウントにクレジットを追加します。  

オプション2)ポストペイ(後払い)請求にも対応しています。CPaaSの使用に1,000ドル/月以上を消費する見込みの場合、Avayaクラウドのアカウントからポストペイへの切り替えもサポートしています。お客様の企業は、前月の使用に基づいて毎月請求書を受け取ります。ポストペイAvayaクラウドのアカウントは、サポートチームによって構成されているため、残高がマイナスになる可能性があります。つまり、アカウントでAPIトランザクションを処理するために、クレジットの前払いを行う必要はありません。

4) 携帯電話番号の確認手順で問題が生じた場合、誰に連絡すればよいですか?
5)トライアルアカウントからアップグレードするにはどうすればよいですか?

Avaya OneCloud CPaaSにログインし、ダッシュボードの[Request Production Access(本稼働アクセスのリクエスト)]ボタンをクリックするだけです。その後、情報の入力を求められます。Avaya CPaaSの営業担当者と接続している可能性がありますが、承認後、完全な無制限生産アカウントが作成されます。 

6) 親/子アカウントを提供していますか?

現時点ではそうではありませんが、当社のロードマップに記載されています。

7) アカウントのキャンセル方法について教えてください。

口座をキャンセルする場合は、入金を停止するだけです。残高がゼロになると、60日後に自動的にアカウントが閉鎖されます。アカウントを閉鎖したい場合は、当社までお問い合わせください

8) 請求の目的で分単位を四捨五入していますか?

はい。通話の場合、アカウントに1分あたりの料金が請求され、分数は最も近い整数に四捨五入されます。