Avaya Session Border Controller for Enterprise

ユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを保護

null

ネットワークボーダーとリモートワーカーの保護を強化

  • エンタープライズ・データ・ネットワーク・ファイアウォールの外側のSIPとVoIP接続のセキュリティを保護します。データネットワーク・ファイアウォールはさまざまなタイプのトラフィックを保護します。ただし、SIPベース・コミュニケーションではアプリケーションを意識しません。Avaya Session Border Controller for Enterpriseは、SIPトランキングとリモートワーカーのコネクティビティに対応する、安全なインターフェースを提供します。
  • セキュアな接続を維持することを助けるこの重要なコンポーネントでトランクとクライアントの保護を改善します
  • VPNなしリモートワーカーの統合に加え、プロビジョニングし易いエンタープライズアクセスマネジメントが得られます。

あらゆる社員、あらゆるデバイスに対応するリモートセキュリティ

企業のモバイルコラボレーションは、妙な制約や複雑な手順を省き、使いやすいものにする必要があります。VPN接続が不要なBYOD(Bring Your Own Device)を安全に提供しながら、あらゆるモバイルデバイスをサポートできます。

インストールとプロビジョニングが容易

SIPネットワーキングのメリットは、ソリューションを容易に統合できて初めて享受できます。SIPアクセスは、企業の規模に関係なく確保できます。

重層型ネットワーク

マルチユーザー環境において、プライベートとはマルチネットワークを意味することがあり、多国籍になることもあります。外部のコントラクターやサポートスタッフが貴社の企業ネットワークにアクセスする場合の、潜在的リスクを取り除くことができます。貴社にとって、ネットワーク間通信が安全であることについて、安心が得られます。

VoIP or UC Deployment Security With Avaya

モバイル社員や業務委託業者のリモートアクセスをサポートする場合のネットワーク設計コストを管理

事業を拡張する場合、安全な接続、導入の簡単さ、アクセス能力がきわめて重要です。適切なSession Border Controllerを導入することによって、安全性を高め、ユーザ問題の件数を抑制しながら、ネットワークを拡張できます。

null

安全なリアルタイムコミュニケーションに必要なものはファイアウォールにとどまらない

ファイアウォールは招かれざるデータネットワークトラフィックに対抗しますが、貴社の通信ネットワークはどうでしょうか?会社間であろうと、会社内であろうと、VoIPで安全に接続するには、新たな水準の保護が必要です。

null

企業の規模に関係なく、手頃なコストでセキュリティ向上が実現

規模の大小を問わず企業各社は、企業の壁の内側にユーザーを囲い込むことはもはやできないという種類の進化に直面しています。Avaya Session Border Controller for Enterpriseは、小規模企業にとっても経済的な、従業員のモバイルコラボレーションセキュリティを高めるソリューションを提供します。

null

BYOD(Bring Your Own Device)に対してより安全な会社にするには

従業員が私物のデバイスを仕事に使っているのが現実です。そこで、ユニファイド・コミュニケーションの安全を守るということが、貴社の課題になってきます。VPN接続を使用しなくても、BYODユーザーとリモートユーザーのアクセスを保護できるソリューションが頼りになります。

Safe BYOD

多層ネットワークアーキテクチャ

セッション境界制御はもはや、外部の企業境界のみが対象ではありません。標準制御の企業境界を超えて、外部リソースをサポートする必要性が出てきたため、今ではプライベートな企業ネットワークの中であっても、セッション境界制御が必須のセキュリティレイヤーになっています。コンバージドネットワークアーキテクチャの内部でセキュリティゾーンを追加するには、単なるSIPトランキング用にとどまらない、セッション境界制御機能が必要です。

こちらも参照されています

アバイアに連絡する

Error: There was a problem processing your request.