Compare Plans

2018/01/29

米アバイア、コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)のリーディング・プロバイダー、Spoken Communications社を買収

アバイアのクラウドソリューションにおける成長と、

ビッグデータ、機械学習およびAIへの参入を加速

米アバイア・ホールディングス(本社:米カリフォルニア州サンタクララ、プレジデント 兼 最高経営責任者(CEO):ジム・チリコ、以下「アバイア」)は、エンタープライズ顧客向けコンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)ソリューションのリーディング・イノベーターであり、対話型人工知能(AI)をベースとしたリアルタイムの変革的なカスタマー・エクスペリエンス・マネジメント・アプリケーションのプロバイダーでもある、Spoken Communications(以下「Spoken社」)の買収に関する正式契約を締結したことを発表します。本取引は、170件以上の特許および特許出願も対象となり、買収資金には手元現金が充てられます。アバイアとSpoken社は2017年にも、アバイアのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)顧客向けのCCaaSソリューションの提供においても共同開発パートナーシップを締結しており、今回の発表はこれに続くものです。

アバイアのプレジデント 兼 最高経営責任者であるジム・チリコ(Jim Chirico)は、次のように述べています。「今回の買収の結果、アバイアが全世界に擁する大規模なコンタクトセンターの顧客基盤には、クラウドへの明確な移行の道筋が示されます。これまでのオン・プレミスベースのテクノロジーについては、その全機能を引き続きご利用いただけると同時に、こうした機能をお客様ご自身のペースで移行させることで、クラウドのメリットを余すところなくご活用いただけます。」

Spoken社のクラウドネイティブのマルチテナント・アーキテクチャは、アバイアのAuraとEliteのテクノロジーとシームレスに連動します。その結果、Oceanaなどのアバイアのオムニチャネル製品と、同社のユニファイド・コミュニケーション・アズ・ア・サービス(UCaaS)ソリューションの双方にとって、堅牢なアーキテクチャが実現します。

さらに顧客はSpoken社の専門エージェント品質のソフトウェア・アプリケーションとサービスだけでなく、同社のコンタクトセンター自動化ソリューションのIntelligentWireも利用できます。IntelligentWireは、ライブでの音声会話に人工知能とディープラーニングの技術を利用することで、通話後の作業を軽減し、よりインテリジェントな対応を推進するほか、顧客の感情や体験について、より深い洞察を引き出します。

アバイアのクラウド部門シニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーであるマーサー・ロウ(Mercer Rowe)は、次のように述べています。「今回の取引は、お客様やパートナー、そして新たなクラウド事業にとっても、さらなる成功に向けたポジションを確立する上で欠かせない一歩です。当社は現在、クラウドのスピードで事業を展開しています。アバイアのこれまでの勢いに乗ることで、当社ソリューションの購入・利用形態について、お客様にはより豊富な選択肢と柔軟性を示しつつ、オンプレミス、パブリックまたはプライベートのクラウド、ハイブリッド・モデルのいずれの形態でも、変わることのない傑出した体験を実現していきます。」

取引完了に伴い、ロウはSpoken社とアバイアの統合クラウドチームの責任者となり、革新的な成長と市場でのクラウドの差別化を推し進めていきます。

Spoken社のプレジデント兼CEOであるモハマド・アフシャール(Mohamad Afshar)氏は、次のように述べています。「アバイアファミリーの一員となることは、私たちにとって大きな喜びです。両社のこれまでのパートナーシップの成功から明らかな通り、アバイアとSpokenが力を合わせることで、アバイアのお客様にはクラウドネイティブの魅力的なCCaaSポートフォリオをご提供し、中堅・中小企業からグローバル・エンタープライズまで、すべてのお客様を対象に、クラウドベースの最新式コンタクトセンターへのシームレスな道筋を示すことができます。さらに、コミュニケーション、クラウド、人工知能の連携により、カスタマー・エクスペリエンスを変革し、場所を問わず企業に新たな効率化をもたらすという、私たちのビジョンはアバイアと同じものです。このビジョンをともに推し進めることで、クラウドベースのコンタクトセンターで世界No.1プロバイダーになれる日を今から楽しみにしています。最後に、今回のあらゆる出来事の達成に向けて、類まれな貢献を行ってくれた、Spokenチームのメンバー全員にも感謝したいと思います。」

今回の取引は、2018会計年度第2四半期中の完了を予定していますが、慣習的な完了条件を満たす必要があります。

アバイアの法律顧問はフェーガーベイカー・ダニエルズLLPです。

アバイアについて

アバイア(本社:米カリフォルニア州サンタクララ)は、重要な業務におけるミッションクリティカルなリアルタイムコミュニケーション・アプリケーションを可能にします。優れたコミュニケーション体験を提供するグローバルリーダーとして、アバイアは、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドの環境を対象に、コンタクトセンターとユニファイドコミュニケーション向けのソフトウェアとサービスによる業界で最も包括的なポートフォリオを提供します。今日のデジタルワールドで求められるのは、ある種のコミュニケーション実現要素であり、この点において、アバイアはどの企業よりも有利なポジションを獲得しています。

詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
日本アバイアFacebook:https://ja-jp.facebook.com/avaya.jp

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

Spoken Communicationsについて

Spoken Communicationsは会話力によって、企業の顧客体験の向上を支援します。 数百もの主要ブランドが使用する、コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)ソリューションのSpoken ConversationCenterは、コンタクトセンターが顧客の会話を分析、学習および応答するための世界的に利用可能なクラウドファーストプラットフォームの一連の対話型AIサービスを提供します。

Spokenは、170を超える特許を持つ対話型テクノロジーの革新者です。 2005年に設立されたSpokenはワシントン州シアトルに本社を置く、太平洋岸北西部で最も急速に成長しているテクノロジー企業の1つです。 詳細はwww.spoken.comをご覧ください。

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】

日本アバイア株式会社
マーケティング部 加瀬 健
電話: 03-5575-8822 Fax: 03-5575-8908 E-mail: kase@avaya.com

(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 松田、笠羽
電話: 03-5159-5750 E-mail: AvayaJP_PR@hoffman.com

Attention

We were not able to identify your user role in our system. Would you like to become a customer and continue to your purchase? Otherwise you will be redirected to continue browsing Avaya.com

No
Error: There was a problem processing your request.