ビデオ監視

ネットワークの複雑さを排除しながらビデオの可用性と品質を改善

IP Video Surveillance Video4:44

簡潔性、スケーラビリティ、パフォーマンスの新たな水準

  • 基盤ネットワークに伴う従来の制約を心配することなく、次回のビデオ監視プロジェクトをスタートさせることができます。長時間に及ぶカメラの再コンバージェンス、スケーラビリティの制約、セキュリティ上の懸念、労働集約的なIPサービスのプロビジョニングプロセスを解決できます。
  • 新しいビデオ監視アプリケーションの需要にも実際に対応できるネットワークソリューションによって、装置の潜在能力がフルに発揮されるようにしてください。Avaya Video Surveillanceを基礎となるFabric Connectテクノロジーと組み合わせることによって、高品質のビデオ装置が本来もたらす、高度なパフォーマンスをサポートする標準ベースのソリューションが得られます。

• カメラとビデオストリームの増大に対応する大規模な拡張性

数千というカメラ/ビデオストリームの限度を打破できます。Avaya Video Surveillanceは、数万ものビデオストリームをサポートします。

• 最短のリカバリ時間

高速で、1秒未満(200ミリ秒未満)で復旧するので、確実にビデオの可用性を確保します。

• 複雑さをなくし、シンプルさを獲得したAvaya Fabric Connect

IPマルチキャストルーティングは設計が難しく、導入が複雑で、トラブルシューティングが困難で、拡張性で問題が生じる可能性があります。Avaya Video Surveillanceソリューションは複雑さを取り除き、簡単で迅速なプロビジョニングを実現します。

数週間ではなく数分でネットワークをプロビジョニング

Avaya Video Surveillanceによって、サービスのプロビジョニングにかかる時間を数日から数分に短縮できます。特に要求の厳しいネットワークでも1時間未満でセットアップでき、ログインしたり、コアやエッジに個別のスイッチをプロビジョニングする必要もありません。Avaya Fabric Connectの先進的な技術で人為的ミスを排除できるため、ネットワークの信頼性が向上し、スパンニングツリー環境で頻発するようなネットワーク障害を減らすことができます。

Avaya Video Surveillance and IP Multicast Routing

ネットワーク全体をカバーするサービスをごく短時間で提供

Avaya Video Surveillanceを利用すると、アプリケーションのように動的なネットワークを実現できます。ネットワーク全体をカバーするサービスが数分でセットアップできます。エンドポイントのプロビジョニングによって、移動、追加、変更を迅速に処理できます。各エンドデバイスで簡単な設定をするだけで、新サービスのレイヤ2接続、レイヤ3のVirtual Routing and Forwarding、マルチキャストをすぐに有効化できます。

リスク軽減のためのトラフィック分離

社内にセキュリティゾーンを設け、セキュリティや規制を目的でトラフィックをタイプ別に分離します。たとえばIPビデオ監視のトラフィックを社内のその他のトラフィックと分離できます。また、パケットがファブリックのエッジに到着したらすぐにカプセル化するため、ユーザーは割り当てられたVLANから移動できません。

アバイアに連絡する