Fabric Connect

ネットワーキングコスト削減、敏捷性向上

Buy It

連絡先

日本: 03 5575 8850

日本: 日本国外から: +811 20 223 911

概要
Avaya Fabric Connect Network Virtualization and Shortest Path Bridging

新しいネットワーク構築方法

多くのネットワークは停電に弱く、効率が悪く、運用と管理が複雑です。ボトルネックを引き起こし、アプリケーションやサービスの導入が遅れる可能性があります。

アバイアはネットワークの設計、運用、管理に関する画期的な方法で、貴社がこのような障害を回避できるようにします。Avaya Fabric Connectは、現在のメガトレンドであるネットワークの仮想化、クラウド、モビリティ、およびビデオに対応しながら、ネットワークを簡素化し、運用コストを引き下げ、しかも将来まで保証する基盤を提供します。

Avaya Fabric Connectは、サービス提供までの時間を短縮し、アジリティを高め、ビジネス継続性と効率を向上させるというメリットをネットワークにもたらします。

• アジリティの強化

Avaya Fabric Connectは、新しいサービスや変更したサービスを即座に実装できる、動的な環境を構築します。日単位、週間単位、月単位ではなく、分単位で実現します。

• 複雑さを排除

Avaya Fabric Connectは複雑なプロトコルオーバーレイが不要になるため、復旧時間が短縮され、管理とトラブルシューティングが簡素化されます。Fabric Connectは単一の次世代テクノロジーで、レイヤー2、レイヤー3、ルーティング、およびマルチキャストの統合サービスをサポートします。

• ネットワーク稼働時間の向上

Avaya Fabric Connectをご利用いただくと、VoIPコールのドロップ、またはビデオコールの再喪失が発生するようなことは決してありません。レイヤー2、レイヤー3、ルーティング、およびマルチキャストのすべてのサービスについて、1秒未満の復旧が可能になります。

Avaya Fabric Connect Supports Integrated Multicast Services
Reduce Operating Costs with Avaya Network Virtualization

運用コストの削減

この簡素化されたネットワーク仮想化ソリューションを実装すると、わずらわしい手作業がなくなり、ITの運用コストが下がるので、コスト削減につながります。85%の人件費削減が可能であり、サービスを展開するためのネットワークプロビジョニングは25分の1になります。営業時間外ではなく、ネットワークエッジで優先度の高い変更依頼を行うことができます。さらに、プロトコルオーバーレイの複雑なプロビジョニングが少なくなる、単一テクノロジーネットワークによって、管理とトラブルシューティングが簡素化されます。

サービス開始までの時間を短縮

Avaya Fabric Connectによって、新サービスを迅速に立ち上げ、追加、移動、および変更をまとめて実施できます。リスクは伴いません。

  • Avaya Fabric Connectをご利用いただくと、新サービスを開始するまでの時間が週または月単位ではなく、日または分単位に短縮されます。

  • 新サービスとサービスの変更はエッジ限定で有効になるので、ネットワークコアを再構成しなくてすみます。

  • Fabric Connectをご利用いただくと、従来のイーサネットベースのネットワークに比べて、ネットワークのプロビジョニングが25分の1に減ります。

Deploying Networks with Avaya Private Cloud Infrastructure

次世代ネットワークを今すぐ導入

Avaya Fabric Connectをご利用いただくと、アプリケーションとモバイルデバイスの次の波を支える適切な基礎が確実に得られます。貴社は、いずれハイブリッドモデルに移行する柔軟性を備えた、安全で回復力のあるプライベートクラウドインフラストラクチャを展開できます。大量サービスのスケーラビリティ(1600万のユニークサービス)により、ネットワークをシームレスに発展させることができます。OpenStackクラウドオーケストレーションと組み合わせることによって、Fabric Connectは貴社のSDNの課題を今すぐ解決します。

お問い合わせ

連絡先

日本: 03 5575 8850

日本: 日本国外から: +811 20 223 911