SDN Fx™アーキテクチャ

どこでもシンプルに—データセンターからネットワークエッジまで

Software Defined Networking - Avaya SDN Fx Architecture

自動化と統合がアジリティの高いネットワークを実現

  • アバイアのSoftware-Defined Networking設計によって、シンプルでアジリティの高いネットワークを体感していただけます。家庭の電気系統はいたってシンプルで、あるコンセントから別のコンセントに家電製品を移動できますが、ネットワークにおいても同様に、どこでもシンプルにすることができます。アプリケーション、デバイス、さらにユーザーですらネットワークを、変更を検知すると自動的に再設定できる、1つの大きな接続ポイントと見なすことができます。
  • 接続や設定を心配することなく、戦略的アプリケーションに集中できます。アバイアのSDN Fx™ Architectureによって、かつては手作業で行っていた機能をネットワークが自動的に処理できるようになります。
  • エラーの可能性が少なくなり、より迅速にサービスを提供できます。Automated Coreでは、単独のネットワークワイドなイーサネットファブリック(SDN Fxの「F」)を利用して、ネットワークホップごとに手作業で設定する必要性を取り除きます。
  • ビジネス要件の変化に迅速、的確かつ柔軟に対応できるようになります。Open Ecosystemが標準のファブリックプロトコルとオープンなインターフェース、オープンソースのカスタマイズツールを結合します。
  • アプリケーション、デバイス、ユーザーがネットワーク上であればどこでも容易に結びつき、シームレスなインタラクションが実現します。Enabled Edgeによって、データセンターにとどまらず、ユーザーエッジまでファブリック拡張機能(SDN Fxの「x」)を利用できます。

• 新しいテクノロジーの導入でシンプルに

何千ものデバイスやネットワークノードでネットワークのエッジが複雑化していても新しいテクノロジーの導入を遅らせるわけにはいきません。ユニークなファブリックネットワークとSDNテクノロジーによるエッジの自動化で新しいテクノロジーが「新しいうちに」導入できます。

• よりセキュアなネットワーク自動セグメント化

ネットワークのエッジは常にビジネススピードとセキュリティのトレードオフで成り立っています。アバイアのSDN Fxアーキテクチャはネットワークのセグメント化をシンプルかつ柔軟に自動化します。

• 最先端テクノロジー導入のアドバンテージ

ファブリックネットワークと相まってSDNはエッジデバイスとノードの追加をシンプルに効率化するプラットフォームを提供します。競合他社を上回る、ビジネススピードをより速くするためのお手伝いをいたします。。

導入事例
Keio University
Fabric Connect Network Wide Fabric Protocol

Fabric Connect—アバイアの自動化されたコア

ネットワークタスクの簡素化と自動化を目的として、多くのSoftware-Defined Networkingアプローチはソフトウェアレイヤーを追加して、ネットワークの複雑さを隠しています。 しかし、アバイアの場合は、ネットワークアーキテクチャを複雑にする4つから6つのプロトコルをネットワーク全体で1つのファブリックベースのプロトコルに置き換え、ネットワーク全体を網羅する、1つの仮想制御レイヤーを形成します。 Fabric Connectはエッジ構成を理解することによって、コアスイッチを自動的に設定するので、すべてがシンプルになります。 アプリケーションの展開を待つことがなくなり、復旧が早まり、デバイスサーバーが自動的に接続され、セキュリティがいっそうきめ細かくなり、機能停止を引き起こすネットワークエラーが大幅に減ります。

Avaya Fabric Orchestrator with OpenDaylight and OpenStack

OpenDaylightおよびOpenStackを装備したFabric Orchestrator—アバイアのオープンなエコシステム

アバイアのFabric Orchestratorは、プロビジョニング、ネットワークモニタリング、ポリシー管理の各種サービスに対応する、ユニファイド・ネットワークおよびSDNコントローラのパッケージです。 アバイアではこれを「1枚ガラス」の管理インターフェースで提供します。 設定不要な導入を実現するために、Fabric 

Fabric OrchestratorはOpen DaylightおよびOpenStackが統合されているので、幅広いクロスプラットフォームの相互運用性が保証されます。 クラウド管理システム、manager-of-managers(マネージャーのマネージャー)システム、およびカスタムアプリケーションとの統合は、一連のノースバウンドプログラミングインターフェース(API)によって可能であり、シンプルで均一なSDNおよびFabricのプログラマビリティが得られます。

Avaya SDN Fx Architecture Innovations

Fabric Attach、Fabric Extend、およびOpen Networking Adapter—アバイアのイネーブルドエッジ

SDN Fxアーキテクチャは、アバイアにおける3種類のイノベーションを活用することによって、拡張性をもたらします。

  • Avaya Fabric Attach は、従来のアクセススイッチ、サーバー、仮想マシン、さらにカメラや「モノのインターネット」デバイスを含め、広範なデバイスを簡単かつ一貫性のある形で接続できるようにする、標準ベースのアプローチです。

  • Avaya Fabric Extend は、IPベースのあらゆるネットワークを介した、Fabric Connect導入先の相互接続をサポートします。 これにより、IP接続を利用できるところであれば、どこへでも、Fabric Connectのイーサネットベース接続モデルを拡張できます。

  • アバイアのOpen Networking Adapter は、X線装置、ビデオ監視カメラ、スロットマシンなどのデバイスに差し込む、カードデッキサイズのユニークなアダプターです。 このアダプターはLinux OSおよびOpen vSwitchが動作し、SDNコントローラーと自動的に関連付けを行い、カスタマイズされたプロファイルをデバイスに提供し、それをエンタープライズ全体のカスタマイズ済みの仮想ネットワークに自動的に格納します。 何千ものデバイスを強力に管理できます。しかも、IT担当者の介入は不要です。

アバイアに連絡する