Proactive Contact

アウトバウンドキャンペーンおよびカスタマーコミュニケーションを作成、管理

Proactive Outreach Manager

貴社のアウトバウンド・コールセンターをそのクラス最高の予測型ダイヤル方式で最適化

  • タイミングのよい情報提供とサービスのお知らせをすることで、カスタマーとつながることができます。アウトバウンド・コールセンターからの支払のお知らせの送信、製品改善についての通知、サービス変更の説明、調査アンケートの実施、その他の業務はすべて信頼性の高い使いやすいインターフェースでサポートされています。
  • すぐれたコール検知機能と最先端のダイヤリングアルゴリズムを活用して、アウトバウンドコミュニケーションキャンペーンを最適化できます。自動化とインバウンド/アウトバウンドのブレンディングにより、スタッフ不足とスタッフ過剰間のバランスをとることができます。これにより、エージェントのダウンタイムを最小化し、エージェントの効率を改善できます。
  • Proactive Contactは、システム稼働時間99.9%の実績があります。
  • カスタマー満足度の目標をより速く達成し、コンタクトあたりのコストを下げ、投資の見返りを加速することで、メリットが目に見えるようになります。

• エージェントに対して最大件数のライブコールを実現

現時点で最速かつ最も正確なコール検知機能を利用することによって、キャンペーンのアウトバウンドライブコールを受けるカスタマーを効率的に特定できます。ソリューションには、モバイルカスタマーに対するダイヤリングの有効性を改善する、Enhanced Cell Phone Detectionが組み込まれています。

• エージェントの時間を最適化

Predictive Dialing(予測型ダイヤリング)によって、ライブカスタマーコールのみをエージェントに渡すことができます。Preview Dialing(プレビューダイヤリング)を利用すると、エージェントはコール前にカスタマーデータを確認できます。

• ブレンドによって運用の生産性向上を実現

余裕のあるときは、インバウンドエージェントにアウトバウンドコミュニケーションを実行させ、ピーク時にはアウトバウンドエージェントにインバウンドコールを受けさせることができます。

Outbound Campaign Management with Avaya IQ

アウトバウンドキャンペーンの設定、管理、監視

フルセットの監督およびレポートツールを利用し、さまざまなサイトにまたがって複数のキャンペーンを一元的に制御できます。組織全体でキャンペーンを設定し、複数のダイヤラーを管理します。たとえば、マーケティング、セールス、買掛金勘定のすべてに対して、1つのシステムからさまざまなアウトバウンドキャンペーンを定義して管理します。リアルタイムのシステムモニタリングで迅速に問題を診断できます。単一システムまたは複数のシステムにまたがる履歴レポートによって、カスタマーサービスやエージェントのパフォーマンスに関する見識が得られます。Avaya IQと統合すると、インバウンドとアウトバウンドを組み合わせた作業に見識を統合できます。

Avaya Proactive Contact Systems Manage Service Levels

マルチテナントによるコスト削減

コンタクトセンターのハードウェア投資と管理費用を半分以下に圧縮できます。マルチテナントによって、複数の内部ビジネスユニット、外部関係者、およびカスタマーのアウトバウンドコミュニケーションを1つのシステムでサポートできます。個々のクライアント組織を分離し、保護しながら、一元的な管理能力を確保できます。

Avaya Proactive Contact Deployment

法規制に関するコンプライアンスとサービスレベルの管理

サービスレベルを維持しながら、厳格な法規制コンプライアンスを確保することが困難な場合があります。Do-Not-Callリスト管理、業界トップのコール検知、およびCruise Controlのコールペーシングを利用することによって、サービスレベルを最大限に満たしながら、最も制限の強い法規制にも適合できます。さらに、Proactive Contactシステムの望ましくない活動が積極的に監視されるので、カスタマー情報のセキュリティが維持されていることを保証できます。

Contact Center Optimization

ニーズに応じた導入方式を選択

ビジネスニーズに基づいて、望ましい方式でProactive Contactを導入できます。大きな柔軟性が必要であるが、ボリュームに関するニーズは小さく、広範なテレフォニーコンポーネントは不要だという場合は、Computer Telephony Integration(CTI)を通じてSoft Dialer(ソフトダイヤル機能)として導入する選択肢もあります。または、高速コールスイッチング、コール処理キャパシティの拡大、専用のテレフォニースイッチが必要な場合は、Proactive ContactをPG230 Hard Dialerとして導入できます。

アバイアに連絡する