Fabric Orchestrator

ネットワークを自動化

Avaya Fabric Orchestrator

仕事は全部、インテリジェントなソフトウェアにおまかせ

  • エラーがなくなり、新サービスがより短時間で利用できるようになるほか、運用コスト削減を推進できます。 ネットワーク自動化によって、手作業の繰り返しの多い管理作業に費やしていた時間が戦略構想を進展させるための時間に変わります。
  • アバイアの強力なアプライアンスベースのソリューションによって、貴社のアバイアネットワークに、モニタリング、プロビジョニング、トラブルシューティングの包括的な機能がもたらされます。Fabric Orchestratorをご利用いただくと、障害、パフォーマンス、構成、およびセキュリティに関する機能によって、運用の複雑さが軽減され、時間と資金、両方の節約が可能です。
  • 貴社独自のペースで、全面的に自動化されたSoftware-Defined Networking(SDN)に移行できます。Fabric Orchestratorは、統合コントローラーソリューションと標準APIによって、貴社の従来型デバイスおよびSDN Fx™対応デバイスに、プログラマビリティと自動化をもたらします。ここからAvaya SDN Fx™アーキテクチャに、シームレスに進化させることは容易です。

• 単一運用モデルを実現

従来型デバイスとSDN Fx対応デバイスの両方を自動化できます。ネットワークの各部分を時間をかけて進化させながら、ネットワークの従来型セグメントとSDNセグメントを一貫性が保たれるように管理できます。
 

• 手動プロセスを排除

一括設定とオーケストレーションの機能によって、サービス提供までの所要時間を短縮できます。包括的な障害/パフォーマンス管理機能によって、ネットワークのボトルネックと問題の根本原因をピンポイントで特定できます。
 

• オープンソーステクノロジーで将来の基盤を構築

Open Daylightに準拠した、統合型のSDNコントローラーが導入されます。ノースバウンドのRESTインターフェースを使用すると、サードパーティーのコントローラーとOpenStackなどのオープンなオーケストレーションツールの両方による、ネットワーク自動化/オーケストレーションが可能です。
 
Simplify Your Configuration to Reduce Errors and Save Time

設定の簡素化によるエラーの削減、時間の節約

エラーが発生しやすい、ホップごとのCLIベースネットワーク設定を排除できます。オーケストレーション、プロビジョニング、および一括設定の機能によって、エラーのリスクを排除しながら、サービスを導入できます。複雑なプロトコルやサービスを設定するためのウィザードが組み込まれているため、ネットワークのセットアップ時間を70%も短縮できます。
Simplify Inventory and Asset Management

在庫/資産管理を簡素化

発見して視覚化するツールを利用し、ネットワーク接続デバイスとエンドポイントがもれなく反映された完全なビューを取得できます。在庫や資産を追跡し、セキュリティ/コンプライアンス要件を満たすことができます。最も複雑なネットワークトポロジーでも、エンド・ツー・エンドのビューで表示して確認できるので、デバイス間の関係を突き止め、影響を分析することができます。
Pinpoint Network Vulnerabilities Before They Become Issues

問題になる前にネットワークの脆弱性をピンポイントで特定

キャパシティプランニングと変更管理が実に簡単になります。新しいスイッチの追加など、ネットワークの変更を監視し、ネットワークのパフォーマンスを観察できます。重要な情報を収集して、キャパシティプランニング要件に対応することができます。たとえば、50%の帯域幅利用率など、特定のしきい値が常に超過している場合など、問題が発生する前にプロアクティブな対応が可能です。
Synchronize Your Network to Your Virtual Compute Environment

ネットワークと仮想コンピューティング環境を同期化

アクティベーションから移動、変更、削除まで、仮想マシンのライフサイクルを検証し、重要な見識を獲得できます。サーバー間で移行するVMを追いかけて、ネットワークデバイスを自動的にプロビジョニングできます。仮想化環境に関して、サーバー、アプリケーション、ネットワークデバイスを示したエンド・ツー・エンドのビューを作成できるので、ネットワーク/サーバー管理者のチーム間でより効果的な共同作業が可能になります。
Get to the Root Cause Faster

根本原因を迅速に特定

統合型のイベント管理/根本原因分析ツールを利用して、問題の迅速なトラブルシューティングが可能です。すべてのネットワークイベントについて、相関関係を自動的に判別することによって、ネットワーク停止の原因として最も可能性が高いものを特定できます。影響を受けたプライマリーデバイスとセカンダリーデバイスを特定することによって、ユーザーが受ける影響を判断できます。充実した一連のイベントハンドリング機能を導入することによって、何か起きても、適切なスタッフに必ず、ただちに通知されるようにできます。

アバイアに連絡する