Ethernet Routing Switch 5000 Series

データセンター、コア、およびネットワークエッジに適した高品質なスタッカブルシャーシ

画期的で多機能な拡張性の高いスタック方式によって、必要なところでキャパシティや性能の上積みが可能

  • 遅延に敏感で業務に不可欠なデータ/音声アプリケーションに求められる、可用性の高いイーサネットコネクティビティを提供します。先進的なレイヤー3ルーティングサービスによって、厳しい環境に有効なソリューションを提供します。
  • 配線クローゼットにEthernet Routing Switch 5000シリーズを追加していただくと、PoE+、きめ細かいQoS、10ギガビットのアップリンクを使用するネットワークコンバージェンスに、ただちに移行できます。
  • 複数のラック間でサーバーを接続し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます(1ギガビットのTop-of-RackオプションとしてERS 5000シリーズをご利用いただいた場合)。

アプリケーションの応答性向上

パフォーマンスの高い仮想ホットスワップ機能と業界トップの回復力を備えたスタッキングによって、アプリケーションの応答性が強化、最適化されます。

多機能スタッキングソリューション

10/100/1000のコネクティビティと10GbEのアップリンクをサポートする、複数のモデルで利用可能なEthernet Routing Switch 5000 Seriesは、スイッチクラスタリング、水平スタッキング、アグリゲーションをはじめ、高度な企業ニーズに柔軟かつ幅広く対応できます。

TCO(総所有コスト)を削減

高い回復力とパフォーマンスを誇るギガビットイーサネット、Avaya Ethernet Routing Switch 5000 Seriesは、ポート単価にすぐれており、TCO(総所有コスト)を低く維持できます。
Avaya Networking Solutions Switch

可用性の高いネットワーキングのためのスイッチクラスタリング

アバイア独自のスイッチクラスタリング機能によって、ロードバランシングと秒以下のフェイルオーバーが可能になり、回復力の高い安定したネットワークが実現します。

ハイパフォーマンス、Pay-as-You Grow(成長に合わせた投資)のスタッキング

最大8台のルーティングスイッチをスタック接続して、ワイヤースピードのパフォーマンスと強化されたネットワーク可用性を得ることができます。直接スタック接続した場合、帯域幅はスイッチあたり最大144 Gbpsまで拡大され、8スイッチの合計では、最大1.152 Tbpsの帯域幅になります。

Avaya Ethernet Routing Switch 5000

ライフタイム保証

アバイアのスタッカブルスイッチには、ハードウェア障害に対する交換修理を製品のサポート終了まで無償で継続するライフタイムワランティが付属しています。高価な運用・保守コストを削減し効率的なネットワーク運用を提供します。

Autonomic Edge Dramatically Reduces the Cost of Change

Autonomic Edge Dramatically Reduces the Cost of Change

Leverage a standards-based technology to facilitate connectivity to network services for a broad range of elements, including IP phones, IP cameras, and Internet of Things devices. This allows for the secure deployment of network services without the need to make any configuration changes, even in environments where clients roam.

Hands-Free Service Automation

Hands-Free Service Automation

Avaya Fabric Attach is a standards-based approach for easily and consistently connecting a broad range of devices, including conventional access switches, servers and virtual machines, cameras, and the Internet of Things devices. This open technology from Avaya facilitates the automated attachment of endpoint devices, so you can dynamically deploy devices and services in a highly virtualized network. With this capability you can proactively deliver business systems and process, creating, moving, and decommissioning in real-time.

アバイアに連絡する