Avaya Aura® Virtualized Environment

コラボレーション・アプリケーションを容易かつ安全に仮想化
 

Avaya Aura Virtualized Environment

VMware上でサポートされる完全なユニファイド・コミュニケーションおよびコラボレーション・ソリューション

  • ユニファイド・コミュニケーション・アプリケーションを仮想化し、仮想サーバーから実現したのと同じ程度のメリットを得ることができます。Avaya Aura®アプリケーション—音声、ビデオ、データ、およびモバイルコラボレーションツールを提供するもので、現在は仮想アプライアンスとして、VMware上でサポートされます。
  • ダウンロード可能なVMware互換のOVAファイルを使用することでネットワーク・サーバー上へのインストールをスキップできます。これにより、貴社独自のハードウェア上のフル機能ユニファイド・コミュニケーション・アプリケーションとVMwareオペレーティングを統合できます。
  • アバイアは初めてか、既存のアバイアソリューションのアップデートかにかかわらず最新のコラボレーションツールの信頼性と柔軟性に優れたコスト効率のよい導入を開始できます。

• ネットワークの信頼性

現在、VMwareの診断/メンテナンスツールと統合されている、Avaya Aura® Platformの組み込み存続可能性機能によって、コミュニケーションとコラボレーションのリソースを利用可能な状態で維持できます。

• 柔軟な導入オプション

貴社の環境に最適な導入モデルを選択できます。専用サーバー、仮想化ソフトウェア、または両方のコンビネーションを利用できます。

• 今日はTCO(総所有コスト)が向上、明日はROI(投資収益率)が向上

ユニファイド・コミュニケーション用の仮想アプライアンスを追加すると、ハードウェアの設置面積と消費エネルギーが小さくなる一方、管理とトレーニングを簡素化できます。貴社のコスト削減がただちに始まり、将来まで続きます。

Avaya Mobile Applications

仮想化されたデータセンターにコラボレーションアプリケーションを追加

ビジネスコラボレーションによって、社員の効率と有効性が向上します。仮想化は運用コストを引き下げます。ユニファイド・コミュニケーションとコラボレーションアプリケーションを仮想化することによって、これらの重要トレンドを結合できます。仮想化すると、アプリケーションの起動が高速になり、ネットワークがよりシンプルかつオープンになり、柔軟性が向上しますが、信頼性とセキュリティはそのままです。貴社のITチームは仮想化の正しい方法を理解しているので、今すぐ、信頼できるユニファイド・コミュニケーションにたやすく移行できます。
Real Time Communications

エキスパートにまかせるリアルタイムコミュニケーションの仮想化

リアルタイムコミュニケーションを仮想環境に移行させるには、慎重なアプリケーション設計、信頼できるリソース統合、さらに柔軟なシステムアーキテクチャが必要です。リアルタイムコミュニケーションとデータセンター仮想化のリーダーを頼り、システムの存続とコミュニケーションの信頼性に関する企業要件を理解してもらいます。

アバイアに連絡する