Avaya Aura® Conferencing

あらゆるデバイスで統合カンファレンス
 

Video Conferencing With Avaya Aura

統合型のオーディオ/Web/ビデオカンファレンス: ユーザーと予算とIT部門にフレンドリー

  • ユーザーが使用しているデバイスがスマートフォン、デスクトップ、タブレットのいずれであろうと関係なく、すべてのユーザーの手元にコラボレーションツールを提供できます。Avaya Aura® Conferencingがあれば、オーディオとWebはもとより、ビデオでもカンファレンスが可能なので、ミーティングを招集し、全員をつなげることができます。
  • ユーザーがミーティングの手配ではなく、ミーティングの目的と内容に集中できるようになります。カレンダーのインテグレーションによって、だれでも容易にスケジュールを調整し、ミーティングに参加できるようになります。アバイアの使いやすいインターフェースのおかげで、参加者はカンファレンスの内容を理解してコントロールできます。
  • コンファレンスを社内で行うことでコストを節約できます。サービスプロバイダーとネットワークトランキング料金を節約できます。その上、WAN使用コストも大幅に削減できます。

• 可用性の心配は無用

何百ものカンファレンスを開催し、何千人も集めて同時にコラボレーションできます。リソースが枯渇することがなくなるので、カンファレンスポートを気にする必要はありません。

• 帯域幅を大幅に節約

同じ場所に多数の参加者が集まった場合でも、ユーザーごとに1つずつオーディオ/ビデオトラフィックが送信されるのではなく、ネットワーク全体で同じ1つのトラフィックのみが送信されます。

• 単一のカンファレンスプラットフォームで簡素化

https://wwwcms-staging.avaya.com/cs/ 1つのプラットフォームでmeet-meスタイルのカンファレンスを開催することも、または、音声、コンテンツ共有、およびビデオを使用し、ユニファイド・コミュニケーション・エクスペリエンスから随時マルチパーティーインタラクションを開始することもできます。

Video Conferencing With Avaya - Avaya Aura Conferencing

ミーティングのプランニングが簡単、迅速に開始、セキュリティ向上

ミーティングの参加依頼にボタンクリックによるカンファレンス手配機能を追加すると、定時にクリックするだけで参加できます。リアルタイムに参加者名簿を確認することによって、参加者確認を繰り返す必要がなくなり、だれが発言していて、雑音がどこで発生しているかが全員にわかります。だれもがコンテンツを共有し、またはノートやアクション項目、質問をキャプチャーしたりできます。ホストが退席しても、ミーティングを続けることができます。他社と共有しない、貴社専用のシステムを用いることによって、また、必要に応じてカンファレンスをロックし他の人が参加できないようにすることによって、ミーティングのセキュリティを強化できます。
Avaya Aura Conferencing Deployment Models

導入モデルを選択

利用できるオプションは、シングルサーバー、低コスト構成、または可用性とスケーラビリティの高い、帯域幅の使用が最小限になるマルチサーバー分散アーキテクチャです。

Avaya Aura Conferencing Capacity and Participants

必要なキャパシティをすべて確保

もはや希少リソースではないカンファレンスポート Avaya Aura Conferencingによって、キャパシティと冗長構成を決定できます。最大1万5千のカンファレンスセッション、1つのmeet-meカンファレンスあたり250の参加者、イベントカンファレンスあたり2千の参加者がサポートされます。

UC Integrated Conferencing

ユニファイド・コミュニケーションへのカンファレンス機能の統合

シームレスなマルチモーダル、マルチパーティーのユニファイド・コミュニケーションと容易に通信できます。連絡先、プレゼンス、インスタントメッセージング、音声、ビデオ、コンテンツ共有、アドホックマルチパーティーインタラクション間を移動できます。日常のコミュニケーションと同じエクスペリエンスをmeet-meカンファレンスに使用できます。

Record Avaya Aura Conferencing

録音を貴重なチーム資産に

参加者と欠席者が同じページを利用できるようにするうえで、ミーティングの録音が役立ちます。録音ではオーディオ、スライド、ミーティング時間が同期します。グラフィックなタイムラインで録音を容易にナビゲートでき、だれがどれぐらい話したか、だれがメモや注釈を加えたか、いつスライドを変えたか、コンテキストを追加したかがわかり、ユーザーはミーティングの特定の部分を容易に見つけることができます。

アバイアに連絡する