University of San Carlos

従業員数2,500名以上
ファブリックネットワーキング

将来への道筋を用意します。 アバイアの先進的なファブリックネットワーキングテクノロジーは、SDNネットワークとクラウドサービスを新たなレベルに引き上げます。 ネットワークの機能停止が減り、情報により迅速にアクセスできるようになります。また、新しいコミュニケーションチャネルやアプリケーションを容易に統合できます。 お望みであれば、貴社の従来のインフラストラクチャでこのすべてを行うことができます。

チームエンゲージメント

チームエンゲージメントは不思議なもので、スタッフの全員が無理なくミッションに、相互に、カスタマーにつながったときに発生します。 これが起きると、自分のカルチャーで、バランスシートでつながり実感できます。なによりカスタマーに実感してもらえます。 障害がなくなります。 生産性が向上します。 アバイアのチームエンゲージメントソリューションで実現できます。

SanCarlos_ArticleImage

利点

拡張したコラボレーション
生産性向上
ネットワークスケーラビリティ

アバイアネットワークで環境改善

サンカルロス大学がアバイアネットワークテクノロジーでインテグレーション されたことにより、 学生と職員はデスクトップへ1Gbの接続を-バーチャルラーニングやユーザーエクスペリエンスの強化。 結果、 ネットワークの可用性は60%から90%以上へ、 導入後に100%の可用性が期待されています。

サンカルロス大学(USC)は、 メトロ・セブにあるフィリピンのトップ10位大学の一つです。その歴史は1595年、イエズス会の修道士によって創られたところまでさかのぼります。今 日、学生数は4万人以上です-四分の一以上の生徒は外国から来ています-そして80以上の学部とプログラムがあります。

しかし、大 学が繁栄しているにもかかわらず、時間がかかり、また複数のプロバイダーによる技術を使うことは、ぎくしゃくしたものでしたネットワークスピードは遅かっ たですし、信用性はさらにひどいものでした。「バックボーンがたった1Gbでネットワークはいつも停滞していました」 USCのネットワーク技術者は回想します。ウィンストン・コルドバ「パケットとデータコリジョンは恒常的に起きていましたし、アプリケーションは動きが遅 かったです我々は広い帯域を使うビデオのようなものは使えませんでした」

この問題は学生や職員たちだけではなく、管理者にも影響を及ぼしていました。「ネットワークトポロジーは理想的ではありませんでした」技術者のウィンストンは説明します。「私達は、ネットワークの一貫した可視的なモニタリングが出来ませんでした。従って、問題があった時には、トラブルシューティングのテストやエラータイプを見極めるため、基本的にどこで問題が起こっているのかを推測しなければなりませんでした。」

アバイアを選択

USCは現代最先端の教育を進めようと決心し、ネットワークが改善されなければならないと気づきました。これはリアと彼女のチームに与えられたタスクで、インフラを向上させ、学生と職員両方の今日と将来の要求を満たすことが求められました。一つの制限は、できるだけ現状ある設備を使わなくてはいけないということでした。

USC、レアおよび彼女のチームの管理の下のIRM-TNS&HDSは、USCネットワーク内にすでにあった多くのプロバイダーの申し出を吟味したのち、迅速に正しいパートナーはアバイアだと決定しました。「アバイアを選択したのは、すでに投資したものが最大限に生かされるからです」彼は言います「コストパフォーマンスがとてもよく、インストールしたいものにアバイアが一番豊富な選択肢を示してくれたからです」

ユーザの使用をできるだけ妨げずにチームはアバイアと一緒にWANのアップグレードから始まりアバイアセキュアルーターを各キャンパスに追加する前に、設置プランを練りました。次はデータセンターのERS5600シリーズとメインハブにERS4000シリーズにアップグレードされたコアスイッチです。ファイバーアップグレードがそれに続き、以前の1Gbが10Gbに増え、最後にエッジネットワークが設置されました。

「完全な設置は時間がかかったけれども」技術者のウィンストンは「最終的には3日間のダウンタイムで済みました - クリスマス休暇のね」と認めます。

課題
 
大学のキャンパスネットワーク改善 - 遅延、 停滞と頻繁なダウンタイムに挑戦。アバイアのコアとエッジ・テクノロジーでレガシープラットフォームを変更
 
提供される価値
  • キャンパスに伸びる10Gbファイバー; デスクトップへの1Gbの接続
  • 職員と生徒へもっと広帯域でより信頼できるユーザーエクスペリエンス
  • より帯域が必要なバーチャルラーニングなどへの割り当て
  • 音声とビデオを仮想分離化、よりスムーズなコミュニケーション
  • セキュリティとネットワーク管理の強化
  • 可用性caから増加する。60% から90%超え
  • WLANのBYOD用プラットフォーム
 

University of San Carlos

顧客エクスペリエンスの向上

ユーザは設置終了を待たずに、効果を感じることができました。トラフィックはほぼ毎日高いですが、すでにピークがいつ来るかわかっています。登録時と試験時(中間試験と学年末試験)です。「学生はネットワークがいかに早いかすぐに気づきました」技術者のウィンストンは笑顔を見せます。「それはビデオを見るとか、プロジェクトに参加するのを簡単にしました」

より広い帯域の使用が可能になり、リモートラーニングを可能にするために、USCはAvaya ScopiaXTという新しいビデオソリューションを導入しました - そしてこれも即影響を与えました。「我々は’仮想教室’に他の大学からの学生を含むたくさんの学生を抱えています彼らは、以前は公共の会議ソフトウェアを使用していたのですが、もちろんScopiaのクオリティを見て驚いていますよ」技術者のウィンストンは付け加えます「講師たちも満足しています!」

改善されたインフラにより、USCは二つの古いPBXをAvaya Office IP500に交換し、IP品質と改善された音声は別として、新しいソリューションは貴重な統合設備を提供します。「アドホック音声会議と通話フォワーディングのようなツールはとても人気があります」技術者ウィンストンは認めます。

信頼性の改革

もちろんすべての機能とツールはネットワークそのものが可能でないと意味がありません - そしてそれが今回見られた一番大きな違いです。

「我々の古いネットワークではダウンタイムが40%ほどありました」技術者のウィンストンはうなづきます。 「今可用性は90%以上です - そして最終的にすべてのコンポーネントが設置されれば、ほぼ100%に近づくでしょう」そのいくつかは純粋により高い信頼性と新しいスイッチと技術によるものですが、術者のウィンストンが説明しているように、 Avaya Configuration and Orchestration Manager がもっとも重要な役割を果たしました。

「我々の古いネットワークでは40 %ほどのダウンタイムが生じており、しかも一番重要なときに、停滞が起きていました。いま、可用性は90 %で、学生も職員もネットワークのスピードに常に満足しています」
 
– リア・ロウェナ IRM-TNS & HDS主任 (情報リソース管理 – 技術とネットワーキング サービス & ヘルプデスクサービス) サンカルロス大学
 

「アバイアのコンフィギュレーションとオーケストレーションマネージャは、私達がネットワークを設定でき、監視する方法を変換しました。私達は、ネットワークトポロジーを効率化し、障害点を取り除き、構築を加速させました。しかし、最も優れていたのは、ネットワークを明確に可視化してくれることで、トラブルシューティングがずっと早くなりました-古いコンポーネントを使ってもです。以前はよく、問題が起きている場所を探すため、キャンパス中を歩き回ったものでしたが、いまはデスクに向かって、問題が起きるのを待つばかりです!」

次のステップ

それはもちろん、技術者としてそれほど簡単ではありませんでした。ウィンストンはすでに次のUSCのインフラストラクチャーの付加に取り組んでいます:キャンパス中に広がるWiFiネットワークで学生と職員が「それぞれ自身の機器(BYOD)を持って来る」ことを可能にします。USCは、120を超える屋内およびアウトドアワイアレスLAN9100アクセス・ポイントを購入し、設置がまもなく始まります。それは、ユーザーエクスペリエンスが一貫していることを保証していることであり、学生と教師はオンラインリ ソースから学習することにより、最新技術から利益を得られます-学究的な業績の追及をより効果的なものとします。アバイアをパートナーとして、USCは通信トラフィックが上がっても学習に弊害がないと、確信しています。

サンカルロス大学について

サンカルロス大学はフィリピンのトップ10位大学の一つで、マニラ以外では最大の大学の一つです。ビジネスと観光のハブ、フィリピン南部のメトロ・セブに位置しており、歴史は1595年まで遡れます。今日、4つのキャンパスと8つのカレッジと27の学部があります-学生数は4万人を超えます。

詳細情報

貴社をアバイアがどのように発展させられるか、さらなる詳細については、アバイアアカウントマネジャーまたはアバイアコンタクトチャンネルパートナーメンバーに連絡するか、またはリソースライブラリ www.avaya.com/jp. をクリックし、ほかの資料にアクセスしてください 。

アプリケーション、 システムとサービス

  • Avaya Ethernet Routing Switch 5600
  • Avaya Ethernet Routing Switch 4000
  • セキュアルーター 4134
  • Avaya Scopia® XT
  • Avaya IP Office™ 500
  • ワイヤレス LAN 9100
  • Avaya Configuration and Orchestration Manager

顧客プロフィール
University of San Carlos Logo
  • 本社

  • Philippines

サンカルロス大学(USC)は、 メトロ・セブにあるフィリピンのトップ10位大学の一つです。その歴史は1595年、イエズス会の修道士によって創られたところまでさかのぼります。今 日、学生数は4万人以上です-四分の一以上の生徒は外国から来ています-そして80以上の学部とプログラムがあります。 http://usc.edu.ph

顧客が言っていること
「我々の古いネットワークでは40 %ほどのダウンタイムが生じており、しかも一番重要なときに、停滞が起きていました。いま、可用性は90 %で、学生も職員もネットワークのスピードに常に満足しています」

事例全文を読む >
  • Ms. Rhea Rowena B. Rivera

  • IRM-TNS & HDS主任 (情報リソース管理 – 技術とネットワーキング サービス & ヘルプデスクサービス)

使用されているアバイアのソリューション