アクシオと日本アバイア、ダイレクトパートナー契約を締結

01 Jun 2016
従来のネットワークの課題を解決する次世代ネットワーク、SDN/ファブリックソリューションを推進
 
株式会社アクシオ(東京都港区、代表取締役社長:江西 和彦、以下:アクシオ)と日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:和智 英樹、以下:日本アバイア)は、SDN(Software-Defined Networking)/ファブリックソリューションにおけるダイレクトパートナー契約を締結しました。本契約により、アクシオは同社の強みであるインフラストラクチャ構築、認証ネットワークと共に、アバイアのSDN Fxアーキテクチャを基盤としたSDN/ファブリックソリューションの販売を推進します。
 
背景
現在のエンタープライズや大学キャンパス、病院などの大規模ネットワークを管理するITシステム部門は、下記のような潜在的な課題を抱えています。
  • マルチベンダー構成による複雑なネットワーク構成のため、設定や変更が複雑で困難
  • 予期せぬ障害が発生した場合、ネットワークが復旧するまでの切り替え時間が長い
  • 障害発生時の原因調査やメンテナンス作業などに多くの運用コストがかかる
さらに、これらの部門においては、専任スタッフの人数も少なく、高度な専門知識を持つ技術者がいなくても簡単に運用でき、障害復旧作業が容易にできるソリューションが必要とされています
 
アバイアのSDN Fxアーキテクチャ
アバイアのSDN Fxアーキテクチャは、SDNで設計されたネットワーク仮想化技術を基盤としていて、ネットワーク全体で単一のイーサネットファブリックを利用する画期的な手法でネットワークを簡素化することを可能にします。SPB(Shortest Path Bridging)によるたった一つのプロトコルを用いて、常に最短の経路(Shortest Path)を自律的に確立するため、万が一障害が発生した場合にも迂回路が迅速に確保され、サービス継続が可能となります。これによりエンドユーザーが直面していた従来のネットワークに対する課題を解決することが可能になります。
 
アバイアのSDN Fxアーキテクチャは、グローバルで10,000件以上の導入実績があります。同アーキテクチャのコア技術である「Avaya Fabric Connect」は、SPBプロトコルを使用して従来の複雑なプロトコルスタックを排除し、ネットワーク全体を網羅する1つの仮想制御レイヤーを形成します。そのため、エンドユーザーはネットワーク構成を気にすることなくビジネスを行うことが可能になります。これにより、設定や変更が容易になり、運用コストを削減し、将来の拡張を容易にすることが可能となります。SDN/ファブリックソリューションはサービス提供までの時間を短縮し、ビジネスの継続性と効率を向上させることを可能にするというメリットを企業にもたらします。
 
日本アバイアの代表取締役社長の和智 英樹は次のように述べています。「このたび、アクシオ様とダイレクトパートナー契約を締結できたことを非常に嬉しく思います。さまざまなモノが接続するIoT時代において、その基盤にあるネットワークは最も重要な要素です。企業にとってもITサービスの継続は大前提であり、大規模な障害や不具合は企業イメージの失墜にもなりかねません。このような時代に、シンプルで柔軟性が高く、障害時に迅速に復旧できるネットワークが望まれています。アバイアのSDN Fxアーキテクチャは、そのような需要に確実に応えられるソリューションだと自負しています。今回の契約でアクシオ様とのパートナーシップを強化し、さらなるネットワーク市場へのビジネス拡大を図ります。」
 
アクシオの代表取締役社長の江西 和彦は次のように述べています。「医療、文教、公共などの様々な分野のお客様から簡易な運用や障害時の迅速なネットワークの復旧は強く要望されています。アバイアのSDN Fxアーキテクチャは既に豊富な導入実績があり、高い柔軟性や障害に対する堅牢性は保証されています。次世代のネットワークソリューション、SDN/ファブリックソリューションによって、当社のお客様のビジネスを強力にサポートする仕組みを提供できると期待しています。」
 
株式会社アクシオについて
アクシオはミッションクリティカルな企業ネットワークや病院、キャンパスネットワークなどのインテグレーションで豊富な実績を有し、近年では有線・無線の統合認証ネットワークにおけるトータルセキュリティ対策ソリューションを展開しています。今後、アバイアが提供する運用や障害対応の作業が簡潔にできるSDN/ファプリックソリューションに期待すると共に注力していきます。
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社:米カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
 
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
日本アバイアFacebook:https://ja-jp.facebook.com/avaya.jp
株式会社アクシオのWebサイトhttp://www.axio.co.jp/ をご覧ください。
 
本件に関するお問い合わせ先
 
株式会社アクシオ IT基盤事業部 企画部 深尾 秋田
電話: 03-6430-0940(平日10:00~17:30土日祝日、年末年始を除く)
Fax: 03-6430-0954
〒105-6008 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー8F
 
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822
FAX: 03-5575-8908
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー
 
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。