アバイア、中小企業向けコラボレーション・ソリューション 「Avaya Office」を発表

25 Jun 2015
日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:川上 佳樹、以下:日本アバイア)は本日中小企業向けコラボレーション・ソリューション「Avaya Office®」の提供を開始することを発表します。Avaya Officeは、コラボレーション用のソフトウェア・プラットフォームとして、端末に依存することなく音声、ビデオ、データを共有、業務別アプリケーションの活用を円滑に実現し、従業員同士や外部関係者とのコミュニケーション環境を向上することを可能にします。また、企業の規模を問わず呼損はビジネス機会の損失になりますが、Avaya Officeでは携帯電話を固定電話と同等の位置づけで利用できるようになるためどこからでも電話応答でき、ビジネス喪失の回避と、迅速な意思決定に貢献でき来ます。5名から最大3,000ユーザーに対応できる柔軟性をもち、エンドユーザーはごくわずかな時間でシステムを導入することが出来ます。
 
Avaya Officeは、大手ディストリビューターのシネックス インフォテック株式会社を通じて提供されます。またモバイル連携を軸にモバイルキャリアおよびその代理店各社をリセラーとしてAvaya Officeを展開し、オフィスに固定電話を必要としないユースケースをソリューションの主軸として展開していく予定です。
 
中小規模のコンタクトセンターにも安価なAvaya Officeベースのオールインワン・コンタクトセンターパッケージを2015年夏頃に追加オプションとして提供する予定です。
 
Avaya Officeは日本に先駆け世界で「Avaya IP Office」という名称で展開されており、すでに45万を超えるシステム上で約1,300万人のユーザーが活用しています。コストパフォーマンスに優れた、強力なプラットフォームを提供し、従来のソリューションと比べ、総所有コストを約30%減少することを可能にします。 Avaya Officeは音声、ビデオおよびモビリティをこえたシームレスなコラボレーション体験により、エンドユーザーの好みのデバイスからのセキュアで簡単なアクセスを実現することを可能にします。
 
Avaya Officeの特長
  • 幅広いエンドポイントに対応 - アナログ、デジタル、IP、そしてソフトフォン、PC、Mac、Android、iOSのスマートフォンやタブレットなどに対応しています。
  • シンプル、拡張性 - 3,000ユーザーにまで容易に、かつコスト効率よく、最大150拠点にまで拡張でき、利便性を高めかつ総所有コストの低減をもたらすことを可能にします。
  • 仮想化 - VMware vSphere 4.xあるいは5.xのソフトウェア上で実行可能な仮想ソフトウェアにも対応しています。 Avaya Officeソフトウェアは、仮想マシン内、専用サーバー上、アプライアンスとして、またはこれらの組み合わせで、様々な実装形態での導入・拡張が可能です。つまり、柔軟性が高まるだけでなく、お客様のインフラ計画や目的に合わせた展開手法を選択できます。
  • 管理の簡素化 –Avaya Officeには Avaya Office Web Manager for Server Editionが付属し、複数サイトのAvaya Officeソリューションを1度ログインするだけで統合管理することが出来ます。Web Managerから、ソリューション全体のユーザー管理にアクセスでき、管理も簡素化でき、中小企業の抱える管理の負荷を低減することが可能です。
  • Avaya Aura®既存システムとの相互接続 - スタンドアロン、分散モードで稼働中のAvaya Aura®に接続されている場合、ブランチ・オフィス側で利用出来、Avaya Aura System Managerでの管理も可能です。
Avaya Officeは以下の製品と併用してご利用いただけます。
  • Avaya Contact Center SelectはAvaya Office用のシンプルかつ拡張性の高いオールインワン・パッケージのコンタクトセンターソリューションです。10名から最大250名までのエージェントに対応でき、アプライアンスサーバーだけでなく、仮想マシン上でも動作します。また、電話だけでなく、チャットやメールといったマルチチャネルにも対応しており、通話録音機能や充実したレポーティング機能も備えています。スキルベースのルーティングにより、不必要な転送をなくし、顧客満足度を向上することが可能です。さらに、インバウンドとアウトバウンドの混在を可能にし、オペレータの生産性を最大化することを可能にします。また、Avaya Aura® Experience Portalとの連携により、更に高度なマルチチャネル・セルフサービス、コンタクトルーティングを提供することが可能です。
  • Avaya Video Collaboration Solution for Avaya Officeはデスクトップ、モバイルで利用できるビデオ会議システムおよびテレプレゼンスを手頃なパッケージとして組み合わせています。
  • Avayaファブリックコネクトスイッチは他にない自動プロビジョニング機能を持ち、高速でセキュアなネットワークの導入、設置、保守にかかる工数が従来技術をベースとしたソリューションよりもはるかに短期間かつ安価で提供します。
  • Avaya Session Border Controllerはセキュリティを確保しつつ企業ネットワークにリモートアクセス時のVPN接続を不要にします。
先日買収を発表したESNAはSalesforce, Google for Workなどクラウドベースのビジネスアプリケーションにユニファイドコミュニケーション機能をプラグイン環境で利用できるようになります。
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
 
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jpをご覧ください。
日本アバイアFacebook:https://ja-jp.facebook.com/avaya.jp
 
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 
 
<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 
 
(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 松田・鷲野
電話: 03-5159-5750