アバイア、Esnaを買収 ビジネスアプリケーションにユニファイドコミュニケーション機能を組み込み、エンゲージメントを簡略化

02 Jun 2015
  • 使用中のクラウドベースのビジネスアプリケーションやデバイスでワンクリックでユニファイドコミュニケーションを実現
  • 使い勝手の向上により生産性と顧客満足度を上げ、インフラストラクチャとアプリケーション導入のためのIT要件も軽減
米アバイア・インク(以下「アバイア」」は本日、リアルタイムコラボレーションと通信ソフトウェアのプロバイダであるEsna Technologies Inc.(以下「Esna」)を買収したことを発表しました。これにより、エンタープライズ市場と中小規模企業の両方の市場で、ユニファイドコミュニケーションアプリケーションの導入を加速します。アバイアは今回の買収によって、エンドユーザがあらゆるデバイスでSalesforce, Google for Work, Office 365などのクラウドベースのビジネスアプリケーション内から、音声、ビデオ、IM/プレゼンス、カンファレンス、メッセージングといった、マルチベンダー通信機能に簡単にアクセスできるようにします。
 
Avaya IP Office®とAvaya Aura®プラットフォーム用に、Esna対応のAvaya Communicator Webクライアントを提供することで、ビデオおよび音声機能をそのままパブリックまたはプライベートベースのビジネスアプリケーションに組み込むことができます。さらにシンクライアントによってアプリケーションやデバイスの切り替えによる中断を削減し、エンゲージメント、生産性、モバイル機能を向上します。エンドカスタマにとっては、企業との通信が容易になり、複数の方法でエンゲージメントが可能になることでエクスペリエンスが向上するため、満足度が高まり、売上増や問題解決のスピードアップにもつながります。
 
一方、IT部門にとっては、アバイアとEsnaが提供する柔軟でオープンなアプローチによって、既存のマルチベンダーの通信インフラストラクチャを有効活用できるので、特定のベンダーに縛られることなく、アバイア以外の新しいテクノロジーもクラウドベースのアプリケーションに統合しやすくなります。さらに、シンクライアントによって新しいテクノロジーの導入が加速するので、導入の成功率も高まります。開発者はダイナミックかつ差別化につながるような、画期的なWebやモバイルアプリケーションを作成できるようになります。
 
1989年に設立されたEsnaは、カナダ、オンタリオ州のリッチモンドヒル(Richmond Hill)に本拠地を置いています。今回の取引には、Esnaの知的所有権、資産、従業員、顧客の買収が含まれます。これにより、Esnaはアバイアの完全子会社となりました。
 
「業界はこれまでビジネス通信に多くの手間とコストをかけてきましたが、ほとんどのソリューションは、手間のかからないエンゲージメントにつながるようなシームレスなユーザエクスペリエンスには程遠い機能しか備えていませんでした。通信とビジネスアプリケーションを融合し、人々が日々使用しているパブリックまたはプライベートクラウドベースのアプリケーションブラウザから通信を可能にし、ワンクリックでのエンゲージメントが可能なユーザエクスペリエンスを実現するときが来ました。日頃利用しているブラウザで、Esnaとアバイアが一つになることの効果を実感できるようになる日もそう遠くないはずです。」
アバイア、エンゲージメントソリューション担当SVP兼GM、ゲイリーバーネット(Gary E. Barnett)
 
「Esnaとアバイアは未来に向けて新たなコラボレーションエクスペリエンスを提供いたします。アプリケーション、プロセス、ワークフローに通信機能を直接組み込むことで、効率的な作業方法が実現します。両社の強みとリソースを統合することで、企業が従業員、顧客、パートナーとの通信やコラボレーションのために使用するアプリケーションやデバイスを自由に選択できるような、非常に画期的なソリューションを提供することができます。」
Esna社、CEO、ムハンマド・ネザラティ (Mohammad Nezarati)氏
 
「企業は従業員が柔軟に通信、コラボレーションを行えるようにする必要があります。EsnaとJiveは、従業員の生産性とカスタマーエクスペリエンス向上のために、有効なパートナーシップを確立してきました。アバイによるEsnaの買収により、それぞれの作業スタイルをサポートすることで、更に権限委譲が可能になります。今後もEsnaと一緒に作業できることを楽しみにしています。」
Jive社、通信部門責任者、ジェイソン・カウリー (Jason Khoury)氏
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
 
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jpをご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
Esnaについて
Esnaはリアルタイム通信およびコラボレーションソリューションの大手プロバイダです。Esnaは日常使用しているアプリケーションにユニファイドコミュニケーションやリアルタイムコラボレーションを組み込むことで、企業や個人が相互に接続、通信、コラボレーションしやすくします。世界中の大手企業、教育機関、行政機関で、毎日、数百万人のユーザがEsnaのソリューションを生産性向上と業務遂行のために使用しています。詳細はwww.esna.comをご覧ください。
 
<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 
 
<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 
 
(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 松田・鷲野
電話: 03-5159-5750