アバイア、クラウド・サービス・プロバイダ向けに新たなターンキー方式の コミュニケーション・アズ・ア・サービス・ソリューションを発表

02 Apr 2015
~ クラウドサービスを強化するため株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトが先行導入~
 
~数か月かかっていたユニファイド・コミュニケーションおよびコンタクトセンターソリューションの導入を数週間に短縮可能~
 
日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:川上佳樹、以下「日本アバイア」)は本日、コミュニケーション・アズ・ア・サービスを提供したいと考えるクラウド・サービス・プロバイダ(CSP)向けに「Avaya Collaboration Pod」の新モデルの国内提供と機能強化を発表します。今回新たに提供が開始される新モデルは2種類で、エンタープライズ向けとコンタクトセンター・アズ・ア・サービス (CCaaS)向けです。この新しいソリューションによってCSPは、プライベート、パブリック、またはハイブリッド型のクラウド環境にユニファイド・コミュニケーションおよびコンタクトセンターソリューションを迅速にかつリスクを軽減しながら提供することができます。またエンドユーザーもオンプレミスでこの新しいソリューションを利用して自社内にユニファイド・コミュニケーションおよびコンタクトセンター環境を迅速に構築することができます。
 
日本国内では株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(大阪府大阪市、代表取締役社長:上原一郎、以下NTTネオメイト)が先行導入しクラウド型サービス提供を準備中です(2015年7月稼働予定)。
 
アバイア、EMCとVMwareのソリューションに基づくAvaya Collaboration Podは、仮想アプリケーション、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングとすべての管理およびプロビジョニング機能を単一のオーケストレーション・システムに統合したものです。アバイアはすべてのCollaboration Podコンポーネントに対して統合サポートを提供することで、ソフトウェア・アップグレードを簡略化し、複数ベンダーによるサポートの必要性をなくすことを可能にします。完全に統合、テスト済みで、すぐに導入可能なAvaya Collaboration Podは、これまで数か月かかっていた仮想リアルタイム・アプリケーションの導入に要する期間を数週間に短縮することを可能にします。
 
エンタープライズ向けソリューションは、高度なカスタマー・エクスペリエンス管理機能を既存のCollaboration Podモデルに追加することで、マルチチャネル・インタラクションにも対応できるようになり、セルフサービスや、完全なユニファイド・コニュニケーション機能だけでなく、管理や分析も可能になりました。すべてのCollaboration Podモデルは、Avaya Fabric Connectで強化されています。Fabric Connectは標準ベースのネットワーク仮想化技術で、リアルタイム・アプリケーションのネットワーク・パフォーマンスを向上し、シンプルな仮想マシン・モバイル機能、優れたアジリティ、エンド・ポイント・プロビジョニングによるサービス開始のスピードアップを実現することが可能です。
 
Avaya Collaboration Podはお客様に合わせてカスタマイズして事前に構成することができ、ニーズの変化に応じて拡張することもできます。クラウド・サービス・プロバイダ向けに、Collaboration Podはマルチテナントとマルチインスタンス(個々のテナント向けにアプリケーション環境を提供)導入に対応しています。5年間の総所有コストを比較すると、Avaya Collaboration Podはdo-it-yourself(DIY)およびアプライアンスベースのアプローチよりもコストを削減することが可能です。
 
NTTネオメイトのITビジネス本部プラットフォームサービス推進部長の宮田徹信氏は次のように述べています。「NTTネオメイトは、コールセンタ開設に必要な端末や機能・IPネットワークまでワンストップでご提供できるクラウド型の「AQStage IPコールセンタサービス」をご提供しています。『Avaya Collaboration Pod』の技術を用いることで、高品質なシステムの工期短縮と、維持・運用コストを大幅な削減を実現し、ひいてはお客様のご負担も軽減できます。
加えて、NTTネオメイトが培ってきたサービス運営のノウハウと24時間365日の受付・監視、高度なセキュリティによって、お客様に安定したサービスをご提供します。」
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
 
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jpをご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 
 
<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 
 
(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 松田・川原
電話: 03-5159-5750