日本アバイア、クラウドパートナー戦略を発表

07 Jan 2015
~ パートナーシップを強化し、協同でクラウドベースの付加価値サービスを市場に訴求 ~

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:川上 佳樹、以下:日本アバイア)は、UC(ユニファイド・コミュニケーション)やCC(コンタクトセンター)といった従来オンプレミス型で提供されている機能をCSP(Cloud Service Provider: クラウドサービスプロバイダー)と呼ぶパートナー企業を通じて市場に訴求していくクラウドパートナー戦略を本日発表します。パートナー企業を中心にホステッド型パブリック・クラウドサービスを日本国内で積極的な展開を目指します。

日本アバイアは最初のCSPとして従来からパートナー関係にあったSCSK株式会社(以下、SCSK)をアジア初の提携先として選定し、本日発表(※1)します。

なお、日本アバイアはCSP候補として国内外のIT企業のなど、新たな価値創造を共に提案し、互いのビジネス拡大を実現できる幅広い企業、組織との提携を考えており、引き続きCSPをリクルーティングしていく予定です。

アバイアのホステッド型パブリック・クラウドサービスがCSPにもたらす主な利点は以下の通りです。

  • ユーティリティ・プライシング(従量課金)による新しいビジネスモデルの提供を可能にする
  • オンプレミスと全く同じ機能をエンドユーザーへ提供を可能にする
  • クラウドに必要なサービスをフルスイートで提供を可能にする
  • アプライアンス型ではない、純粋な仮想化ソフトウェアによるクラウド環境の実現を可能にする

日本アバイアの中核事業の1つであるCC市場向けソリューションは国内において高い市場シェアを確保しており5割以上を占めています(※2)。そこでこの度のCSPによるホステッド型パブリック・クラウドサービスの本格展開するにあたり、日本アバイアはSCSKとのパートナーシップを強化し、共に当初はCC市場へのクラウドビジネス拡大を図ります。

日本アバイアがSCSKを最初のCSPとして選んだ主な理由は以下の通りです。

  • 国内におけるアウトソーサーとしての長年の実績およびノウハウを保有している点
  • 特にCC市場向けのアバイア製品、ソリューションを熟知し、豊富な開発実績を有している点
  • 音声基盤サービス(※3)を長年に渡り展開しており、日本アバイアの製品以外のCRMソリューション、音声ソリューションについても販売や導入実績が豊富であるため、市場のニーズに応じて互いの長所を取り入れたサービス展開が将来期待できる点

“SCSK株式会社は、日本アバイア株式会社による「クラウドパートナー戦略」に関する発表を歓迎すると共に、アジア初のCSPパートナーに選ばれたことを光栄に思います。
当社は長年にわたり米国アバイア本社とも良好なビジネス関係を築いており、多くのコンタクトセンター向けアプリケーションを開発し企業に提供しております。
今回発表された日本アバイアのクラウドパートナー戦略は多くの企業に恩恵をもたらすと確信しております。
当社は、アジアで最初のクラウドサービスプロバイダー(CSP)として、プライベートクラウド型音声基盤サービス「PrimeTiaas® Suite(プライムティアーズスイート)」を提供いたします。”
SCSK株式会社
取締役 専務執行役員 ソリューション事業部門長 鈴木 正彦

日本アバイアは、今後も順次、クラウドパートナー戦略を発表し、国内における強固なパートナーエコシステムの展開を予定しています。
以上

※1 SCSKは多くのコンタクトセンター向けアプリケーション開発の実績を有しています。今回、SCSKは国内で最初のクラウドサービスプロバイダー(CSP)として新たに2014年12月に契約を締結し、企業のプライベートクラウド型コラボレーション環境の促進を日本アバイアと展開する予定です。
※2 国内コールセンター向けPBX/ACD市場シェアより(出典、「CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望 2012年度版」 2012年4月18日株式会社 ミック経済研究所発行)
※3 「PrimeTiaas®(プライムティアーズ)」は、高機能PBXを高速ネットワーク経由で利用できる「コンタクトセンタープラットホーム提供サービス」です。短期間かつ低コストでコンタクトセンターの構築ができ、業務拡大などによる増設も柔軟に対応することが可能となります。
詳しくはこちらをご参考ください。 http://www.scsk.jp/sp/primetiaas/service/


SCSK株式会社について
SCSK株式会社は、システム開発から、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)、ITハード・ソフト販売まで、ビジネスに必要なすべてのITサービスをフルラインアップでご提供します。また、住友商事をはじめとするお客様の世界各国におけるITシステム・ネットワークのサポート実績を活かし、グローバルITサービスカンパニーとして、さらなる飛躍を目指してまいります。
詳細は、SCSKのWebサイト http://www.scsk.jp/ をご覧ください。

アバイア(Avaya Inc.)について

アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は、コンタクトセンターおよびユニファイドコミュニケーション技術とサービスのリーディング・プロバイダです。アバイアのソリューションはマルチチャネルやデバイスにおける顧客およびチームのつながりを可能にし、カスタマーエクスペリエンスの向上、生産性および業績の向上を実現します。これらのソリューションは、柔軟で幅広いオンプレミス型、アバイア以外のアプリケーションとシームレスに統合できるクラウドでの導入オプションで提供されます。アバイアのEngagement Development Platformにより第三者はビジネス・アプリケーションを作成・カスタマイズし、競争力を高めることができます。アバイアのファブリックベースのネットワークソリューションはビジネスに不可欠なアプリケーションやサービスの導入を簡素化、加速します。

詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

 

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: JPenquiry@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 e-mail: kase@avaya.com

(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 松田
電話: 03-5159-5750
e-mail: hmatsuda@hoffman.com