アバイア、ガートナーのマジック・クアドラント・レポートにおいて、ユニファイド・コミュニケーション分野の「リーダー」に6年連続で格付けされる

25 Aug 2014
ビジネスコラボレーションとコミュニケーションソリューションおよびサービスのグローバル・プロバイダーである米アバイア・インク(以下 アバイア)は、ガートナーが発行した2014年度の「ユニファイド・コミュニケーション分野のマジック・クアドラント・レポート(Magic Quadrant for Unified Communications)」において、「リーダー」に格付けされたことを発表します。アバイアが同評価を得るのは、今回で6年連続となります。

ガートナーのマジック・クアドラント・レポートでは、「ビジョンの完全性」と「実行能力」を評価基準としています。またリーダーに格付けする企業については、包括的なUC製品群を擁していること、市場で強力な存在感を示していること、同分野で成功を実証していることを基準としています。リーダーは、複数の関連市場でも強力な存在感を示しており、自社のUC基盤を着実に拡大しています。こうしたUCベンダーとそのチャネルパートナーは、ほとんどの国、地域において幅広い業界や規模の企業に対してUC製品を提供している豊富な実績を有しています。

同レポートでは、中堅・中小企業から大企業まで含めUC市場は現在、初期の普及段階にあり、企業による採用とその成功事例によって成熟化が進むだろうと記載しています。しかし、一方で大企業の大半は依然として、非統合型のコミュニケーションソリューションを用いているとも述べています。これは大企業がIT技術を導入検討する際、意思決定者は、コスト、可視性および効果が明確に得られないため導入に踏み切れないと考えられています。

ガートナーによると、UC製品における成功および顧客満足度に重要な影響を及ぼすであろうと考えられる5つの特性として、「ユーザーエクスペリエンス(UX)」、「モビリティ」、「相互運用性」、「クラウド型/ハイブリッド型」、そしてソリューションの「多様な訴求力(アピール力)」を挙げています。

アバイアは革新的なソリューションの礎としてこうした特性を常に重視しています。UCに関するアバイア全てのイノベーションの核となるのが、あらゆるチャネルを、あらゆるデバイスから利用可能にするシンプルで強力なUXの拡張です。過去10年間に渡りモバイル・エンタープライズを牽引してきたアバイアは、事実上ほとんどのデバイスからWeb、ビデオ会議を利用可能にするなど、エンドユーザー向けにシームレスなBYOD体験をいち早く実現した企業です。さらに、クラウドサービスプロバイダーとして、「Avaya Collaborative Cloud」の需要は高まっており、エンドユーザーは、「Avaya Aura®」のUC機能を活用することで運用コスト等の負担軽減が実現できる環境へシフトしています。

また、相互運用性と幅広いソリューションを活用するに当たり多くの企業は様々なベンダーを取り込む必要があります。アバイアのオープンなモバイル・コミュンケーション・プラットフォームは、「全方位型」のソリューションを実現するとともに、今日の大半のビジネスIT環境の現実を反映した形で、複数のベンダーのシステム、デバイス、アプリケーションの統合が可能です。「Avaya Aura」は、SIPアーキテクチャを活用することで、ネットワークを簡素化し、アプリケーションを統合するとともに、あらゆる場所でユーザー同士を結びつけます。

今日の複雑かつ急激に変化するビジネス環境で求められているのは、社員が他社より優位にビジネスを進めることができたり、複数の業務を同時にこなし、かつ、単純明快に運用できるコミュニケーションおよびコラボレーションツールです。そして、それこそがお客様が選択した全ての導入モデルで、アバイアが実現に向けて取り組んでいる21世紀型コミュニケーション体験になります。

以上


アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。

詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

 

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: JPenquiry@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 e-mail: kase@avaya.com

(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 白井・松田
電話: 03-5159-5750
e-mail: mshirai@hoffman.com / hmatsuda@hoffman.com