アバイア、コンタクトセンター・インフラストラクチャ分野におけるガートナーのマジック・クアドラント・レポートにおいて14年連続「リーダー」に選ばれる

02 Jul 2014
ビジネスコラボレーションとコミュニケーションソリューションおよびサービスのグローバル・プロバイダーである米アバイア・インク(以下 アバイア)は、ガートナーの「コンタクトセンター・インフラストラクチャ分野のマジック・クアドラント・レポート(Magic Quadrant for Contact Center Infrastructure)」において本年度版を含む14年連続で「リーダー」の格付けを獲得した唯一のベンダーという新記録を樹立したことを発表します。なお、同レポートの創刊は2001年です。

ガートナーのマジック・クアドラント・レポートは、「ビジョンの完全性」と「実行能力」を評価基準としてコンタクトセンター・ベンダー各社を評価しています。また、同社の年次「コンタクトセンター・インフラストラクチャ分野のマジック・クアドラント」レポートでは、アウトバウンド・テレマーケティングやヘルプデスクなど構造化されたコミュニケーション業務を対象に、顧客、従業員、サービスのサポート用途で、コンタクトセンターの運用を目的とした機器、ソフトウェア、サービスを提供するベンダーを対象としています。

コンタクトセンターの管理者は、容易で持続的な統合機能、包括的なレポーティング機能、容易なシステム管理機能を求めており、コンタクトセンター・インフラストラクチャの大半、もしくは全てを単一の供給元のバンドル製品として購入することを希望しています。従って、自社製品とパートナー製品による包括的なソリューション・ポートフォリオを構成し、これを顧客に提供することで業界をリードしているコンタクトセンター・インフラストラクチャのベンダーが支持を集めています。

この1年間、アバイアは企業各社が「オムニチャネル」のカスタマーエクスペリエンスを習得できることを、以前にも増して重要視しています。オムニチャネルのカスタマーエクスペリエンスとは、積極的なセルフサービス、サポート支援、レポーティング、管理、最適化など、マルチチャネル顧客サービスのあらゆる側面を統合するものです。これによって、ブランドのロイヤルティや価値、収益に悪影響を及ぼす断片的でまとまりのないサービスは排除されます。アバイアの単一ソフトウェア・プラットフォームは、カスタマーエクスペリエンスのあらゆる側面を、シームレスで劇的な流れに組み入れるとともに、インタラクション(対話)やコンテキスト(対応履歴)に基づく情報をリアルタイムで視覚化します。

アバイアのコンタクトセンター・ソリューションは、プレミス型のソリューション、アウトソーシングによるマネージドサービス、TeleTechやHPといったクラウドサービスプロバイダーによるCCaaS(Contact Centre as a Service)モデルなど複数の導入モデルで提供されています。

以上


アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。

詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

 

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: JPenquiry@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 e-mail: kase@avaya.com

(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 白井・松田
電話: 03-5159-5750
e-mail: mshirai@hoffman.com / hmatsuda@hoffman.com