アバイア、サンタクロースを待ちわびる子供たちのために今年もNORADのサンタ追跡プログラムに参加

19 Dec 2013
サンタクロースの到着を心待ちにする子供たちも、今年は安心してクリスマスを過ごせるはずです。なぜなら、アバイアの最新テクノロジーを使用するサンタ追跡プログラムは、空飛ぶサンタの居所を正確・詳細に把握するからです。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)によるサンタ追跡プログラム「NORAD Tracks Santa」は、サンタとソリの安全な移動を支援するという、複雑なプログラムです。
 
クリスマスの夜、猛スピードで空を駆け抜けるサンタを追跡するため、NORADでは、現在の科学水準で最も高度なテクノロジーを駆使します。レーダーや衛星のほか、世界中の戦略的拠点に設置された「サンタ・カメラ」からの情報を監視します。その結果、プログラムに参加するホットラインのボランティアは、サンタが運ぶプレゼントの重さから、長い夜の間に食べたおやつで増えたサンタの体重まで、事細かな情報を直ちに得ることができるのです。
 
昨年の場合、NORADのサンタ追跡ホットラインが開設された23時間の間に電話をかけた子供の数は、全世界から約11万5,000人に上りました。そして今年も、米国・カナダ軍関係者とその家族、国防総省職員、地域のボランティアなど、1,250人以上が、ボランティアとして本プログラムに参加、子供たちからの電話に応対する予定です。遠く離れたアフガニスタンの部隊や、ファーストレディーのミシェル・オバマ氏なども、参加の予定です。
 
サンタ追跡ホットラインでは、アバイアの提供するテクノロジーが使用されますが、これは、米国コロラド州コロラドスプリングスのピーターソン空軍基地にある、NORAD司令センターで使用されているものです。Avaya Aura®のコンタクトセンターソリューションによって、ホットラインでは、子供から電話がかかってくる度に、その子と同じ国の言葉を話すボランティアへと電話が自動的につながるようになっています。アバイアのソリューションは、米国防省の共同相互運用性テストコマンド(JITC)による広範囲な試験を通過しており、クリスマスイブの最重要任務を処理できることが保証されています。
 
この数年間で蓄積された情報に基づき、NORADでは、サンタは、夜の闇の中、国際日付変更線から西に移動する可能性が高いと予測しています。多くの国では、午後9時から深夜0時までの間、子供たちが寝静まって初めて、サンタはやって来ます。
 
本プログラムは、NORADの前身である中央防衛航空軍基地(CONAD、Continental Air Defense Command Operations Center)の電話番号が「サンタへの直通電話」として、デパートの広告に誤って掲載されたことに端を発し、50年以上の歴史があります。当時、電話を受けた司令官は、子供達をがっかりさせたくなくて、部下と協力し、サンタの現在地を伝えたのです。その後、多数のボランティアや企業の協力の下、国防総省はプログラムを継続させています。
 
サンタ追跡プログラム参考情報
 

アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
 
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jpをご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850  e-mail: JPenquiry@avaya.com 
 
<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 加瀬
電話: 03-5575-8822 e-mail: kase@avaya.com
 
(広報代行)ホフマン ジャパン株式会社 白井・鷲野
電話: 03-5159-5750 
e-mail: mshirai@hoffman.com / mwashino@hoffman.com