中部国際空港(セントレア)、アバイアのイーサネット・ルーティング・スイッチを導入し、TCOを削減

25 Mar 2013
日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)は本日、中部国際空港(愛知県常滑市、代表取締役社長:川上 博 以下、セントレア)が、空港のデータ通信ネットワークにアバイアのイーサネット・ルーティング・スイッチ「Avaya Ethernet Routing Switch(ERS)8800シリーズ」を導入したことを発表します。
利便性・経済性に優れた空港サービスの提供と安心・安全な空港作りを進める中、セントレアは、運用の安定性と信頼性を確保できるミッションクリティカルなネットワークインフラを求めていました。同時に国内外の他空港との競争力を高めるためTCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)の削減にも迫られていました。
 
Avaya ERS8800シリーズは、アバイア独自の「RSMLT」技術によって2台のスイッチが常にアクティブ-アクティブの冗長構成となるため高い信頼性を実現する点が評価されました。これにより、ネットワーク機器が障害したり、ソフトウェアやハードウェアをアップグレードする際にも空港が提供する様々なサービスには影響を与えることなく利用者に快適なサービスを提供可能です。
また、アバイアのネットワーク設計思想と長期的なサポートによりTCOを削減できる点や、ヨーロッパ最大級のオランダ スキポール空港をはじめとする世界の国際空港への導入実績も評価されました。
 
中部国際空港(セントレア)について
国際線・国内線の機能を併せ持つ中部地域の空の玄関として、2005年2月17日に伊勢湾の愛知県常滑沖に開港した24時間運用の国際空港です。愛称のセントレア(Centrair)は、中部地方(central)と空港(airport)を組み合わせた造語です。セントレアは飛行機に乗るためだけでなく、離着陸する飛行機と伊勢湾を眺められるスカイデッキや展望風呂、100店舗以上の物販店や飲食店などの商業施設があり、観光スポットとしても楽しめる空港です。
 
セントレアWebサイト: http:// http://www.centrair.jp/
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国カリフォルニア州サンタクララ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供しています。
 
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jpをご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850  e-mail: jpmarcom@avaya.com  
<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829  e-mail: sakata@avaya.com