同僚にこのページを送信する

鹿児島国際大学、イーサーネットスイッチの消費電力を削減する「Avaya Energy Saver」機能を導入

~オフピーク時間の消費電力を最大40%削減可能~

最新ニュース03 7 2012

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)は本日、鹿児島国際大学(鹿児島県鹿児島市  学長:瀬地山 敏)が、アバイアのイーサーネットスイッチ「Avaya Ethernet Routing Switch(ERS 5000)」にイーサーネットスイッチの消費電力を削減する「Avaya Energy Saver」機能を導入したことを発表します。

「Avaya Energy Saver」は、PoEポートからIP電話や無線LANアクセスポイントなどのデバイスへの電力供給をタイマー設定によって自動的に止めたり、イーサネットポートの帯域を絞ったりすることで、夜間・早朝などオフピーク時間の消費電力を30%~40%削減する機能です。ポートごとの設定により必要なデバイスには24時間電源を供給することができるため、学生や教員の利用には影響を与えずに節電対策をすることができます。
鹿児島国際大学では2006年に授業や学内サービス、研究室や図書館をはじめとする約2,000台のPCを接続するネットワークとしてコアスイッチ「Avaya ERS 8600」およびエッジスイッチ「Avaya ERS 5000」を導入しました。動画や音声利用によるネットワークのトラフィック増加に伴う電力消費を抑えるため、同校では以前から省電力化に取り組んでいましたが、東日本大震災以降電力不足の懸念が続いていることから新たに「Avaya Energy Saver」を導入しました。
「Avaya Energy Saver」は、スイッチのファームウェアをアップデートするだけで利用可能になる機能です。
鹿児島国際大学では5~10年スパンでネットワークのさらなる可用性を実現する製品を求めていました。導入にあたっては、アバイアのイーサーネットスイッチの堅牢性、購入後も様々な機能をアドオンできること、さらにそのためのサポートが整っている点がポイントとなりました。
昨年に引き続き、今年も日本全国で節電が求められています。日本アバイアは消費電力を削減するネットワーク製品やIP電話機の提供により、企業の効率的な電力利用を支援して参ります。
鹿児島国際大学について
鹿児島国際大学は、経済学部と福祉社会学部、国際文化学部の3つの学部で構成された国際的な色彩の強い大学です。より専門性を高めるための3研究科で構成される大学院も設置し、学生が「成長できる大学」としてカリキュラムや教授陣、施設の充実を図り、南九州の地域人材育成に力を注いでいます。
詳細は、鹿児島国際大学のWebサイト http://www.iuk.ac.jp/ をご覧ください。
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、データ・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jpをご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850  e-mail: jpmarcom@avaya.com  
<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829  e-mail: sakata@avaya.com      
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 電話:  03-3458-9109

日本