日本アバイア、企業向けモバイル・コラボレーション・アプリケーション

14 Mar 2012
日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)は本日、アップルのタブレット端末、iPad上で電話会議、インスタント・メッセージング、プレゼンス表示を可能にする企業向けモバイル・コラボレーション・アプリケーション「Avaya Flare® Communicator for iPad」の提供開始を発表します。これまで専用端末(Avaya Desktop Video Device)で提供していた業界初の直感的なユニバーサル・コラボレーション・プラットフォーム「Avaya Flare Experience」を、市場をリードするコンシューマー向けのタブレット端末上で利用可能にすることで、より多くのモバイルワーカーにWi-Fiおよび3G回線を活用した安全なコラボレーション機能を提供します。

Avaya Flare Communicator for iPadは、App Storeからダウンロードできます。
(iTunes上のダウンロードサイト: http://bit.ly/Avaya_Flare_Communicator_iPad
 
Avaya Flare Communicator for iPadは、アバイアのコミュニケーション・プラットフォーム「Avaya Aura®」で、さまざまなアプリケーションとシステムを一元管理することにより、統合的なコラボレーション機能が活用可能になります。「Avaya Flare Experience」の他のコンシューマー向け端末やOSへの対応は今年後半を予定しています。
 
Avaya Flare Communicator for iPadの主な機能は以下のとおりです。
  • 相手がその時にとれるコミュニケーション手段を確認し、タッチスクリーンに触れるだけでインスタントメッセージ、電話、Eメールを開始
  • コミュニケーション中のiPadのマルチタスク利用  
    例) Eメールを読みながら、iPadのWebブラウザを活用してWeb会議に参加する
    電話会議に参加しながらインスタント・メッセージングをする、または他のアプリケーションを活用する
  • 企業内のディレクトリ検索によって同僚を連絡先リストに追加可能
  • Wi-Fiホットスポットおよび3G回線を活用した安全なモバイル・コラボレーション
  • データ通信を活用することにより通信料を削減(海外出張時の国際ローミング費など)
 
提供開始記念キャンペーン
「Avaya Flare Communicator for iPad」の提供開始を記念して、Avaya Aura 6.1以上のバージョンをお使いのお客様を対象に、本日より4月末日までAvaya Aura クライアント アクセス ライセンスを最大50ユーザーまで無償で提供いたします。
 
  Avaya Flare ExperienceおよびAvaya Desktop Video Deviceはフロスト&サリバンの2011 Product Innovation Award for Global Videoconferencing Endpointsを受賞しました。
 
Avaya Flare Communicator for iPad デモビデオ
 
 

アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
詳細は、アバイアのWebサイト http://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
<本件に関するお問い合わせ先>
電話による問い合わせ
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 03-5575-8829
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 03-4580-9109