アバイア、2014年ソチ冬季オリンピックの

05 Dec 2011
 
ロシア発11月30日発表 プレスリリース抄訳
 
企業向けコミュニケーション/コラボレーション・ソリューションおよびサービスのグローバル・プロバイダーである米アバイア・インク(以下「アバイア」)は、2014年ソチ冬季五輪組織委員会から本大会で使用されるネットワーク機器のオフィシャルサプライヤーに指名されました。この契約は、2014年ソチ冬季五輪組織委員会の組織委員長であるドミトリー・チェルニシェンコ(Dmitry Chernyshenko)氏が議長を務めたSochi 2014 Marketing Clubの会合において、同氏とアバイアのSponsorship & Key Event Executive Directorであるデイビッド・ジョンソン(David Johnson)により調印されました。
 
アバイアは、2014年ソチ冬季オリンピックのITソリューショングループに、ネットワーク機器のオフィシャルサプライヤーとして加わります。アバイアはネットワーク、コラボレーション、および通信機器を提供し、他のITパートナーと共にこのオリンピック全体にわたって参加選手、関係者、および世界中のファンの間のコミュニケーション全般をサポートします。
 
アバイアは2014年ソチ冬季五輪組織委員会に対し、競技会場、プレスセンター、およびオリンピック村を統合する、同一のオリンピック通信インフラストラクチャを構築するために必要なすべてのテクノロジー・ソリューションと通信機器を供給します。このソリューションにはスイッチ、ルータ、および情報セキュリティシステムを含むデータ伝送機器、および電話機やコンタクトセンター向けシステムなどの通信機器が含まれます。このシステムの設計と試験は、アバイアの専門家と他の 2014年ソチオリンピックのテクノロジーパートナーにより共同で行われます。
 
2014年ソチ冬季五輪組織委員長のドミトリー・チェルニシェンコは、「ソチ冬季オリンピック大会の準備にあたってはイノベーションおよび先進的な技術と革新的なアプローチが重要です。先進的な通信ソリューションの開発はオリンピックに向けた準備におけるチャレンジのひとつです。アバイアの経験、スケール、およびテクノロジー・イノベーションにより、この準備が最高の品質基準の下で達成されると確信しています」と述べています。
アバイアのグローバル・セールス&マーケティング担当シニア バイスプレジデント兼フィールド オペレーションズ担当プレジデントのジョエル・ハックニー(Joel Hackney)は、「2014年ソチ冬季五輪組織委員会により、2014年オリンピックの公式サプライヤーにアバイアが選ばれたことを喜ばしく思っています。このワールドクラスの大会の組織化と管理に向け、アバイアの経験、イノベーション、および専門ノウハウを持ってお役に立てることを楽しみにしています。2010年バンクーバー大会ではオリンピック史上で初めて、フルIPのコンバージドネットワークを実現しましたが、2014年のオリンピックではこの実績をさらに拡大し、コラボレーションとイノベーションの新しい時代を実現します」と述べています。
 
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、ネットワーキング・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
詳細は、アバイアのWebサイト http://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
 
<本件に関するお問い合わせ先>
電話による問い合わせ
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 03-5575-8829
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 03-4580-9109