アバイア、アルカテル・ルーセント、ファーウェイ、SolanaおよびSpirent、

08 Sep 2011
 
カナダ発9月7日発表 プレスリリース抄訳
 
企業向けコミュニケーション/コラボレーション・ソリューションおよびサービスのリーディング・プロバイダーである米アバイア・インク(以下「アバイア」)は本日、アルカテル・ルーセント、ファーウェイ(華為技術)、Solana Networks、およびSpirent Communicationsと共同で、IEEE 802.1aq Shortest Path Bridging(SPB)テクノロジーに基づく業界初の大規模なマルチベンダーの相互運用検証を完了したことを発表します。
 
SPBは、ネットワークのエッジでサービスのプロビジョニングを行えるため、企業やクラウドにおけるネットワークの構築や設定を大幅に簡素化します。キャリアグレードの経路制御プロトコルであるIS-IS (Intermediate System To Intermediate System)を活用し、ネットワークノード間のトポロジーを動的に構築することにより、ネットワーク管理に要する時間と手間を軽減すると同時にヒューマンエラーを大幅に減少させることができます。
 
今回の相互運用試験では、約200ノードと400以上のリンクで構成された大規模なマルチベンダーネットワーク環境を想定したシミュレーションが行われ、コントロールプレーンの確立やLayer 2 Virtual Private Network(L2VPN)接続で高い相互運用が示されました。L2VPN接続の検証は、ネットワークに接続された機器とネットワークエミュレーターとの間に、実際のトラフィックとシミュレートされたトラフィックの両方を通して行われました。アバイアとSpirentはまた、イーサネット網の保守・管理機能のIEEE 802.1agの検証も行い、Layer 2での運用にも成功しました。
 
今回の検証は、マルチサイトのデータセンターやハイブリッド型クラウドでのSPBの能力を立証してきた従来の取り組みをさらに発展させたもので、マルチベンダーSPBネットワークにおける異なるベンダーの提供するノード間で、仮想マシンのマイグレーションをシームレスに移行させる検証などを実施しました。
 
Current AnalysisのプリンシパルアナリストMike Spanbauer氏は、「今回の相互運用検証はSPBテクノロジを活用したマルチパスイーサネットにおけるマルチベンダー間での初の商用テストでした。SPBは、企業がこれまでの設備投資を維持することを前提に策定されていることに加えて、イーサネットの30年以上に及ぶ技術的な強みの上に成り立っています」と述べています。
 
今回のSPBネットワークはAlcatel-Lucent OmniSwitch™ 6900Avaya Ethernet Routing Switch 8800、およびHuawei Quidway S9300を含む10台の物理スイッチに加え、Spirent TestCenter™ 、Huawei LINEX/Quaggaエミュレーター、ならびにSolana Networksの非侵入型のリアルタイムのネットワークディスカバリーおよびトポロジーマッピングツールであるSmartHawkで構成されます。
 
各製品、技術の詳細は、以下リンク先をご参照ください。
Alcatel-Lucent Enterprise Data Center Switching Solutions
Avaya Virtual Enterprise Network Architecture
Shortest Path Bridging (IEEE 802.1aq) (ウィキペディア)
 
アルカテル・ルーセントについて
移動体系、固定系、IP、および光伝送技術をリードし、アプリケーションとサービスのパイオニアであるアルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent)は、世界の通信事業者、一般企業、公益事業者、および政府機関より、長年にわたりパートナーとして信頼をいただいています。世界最先端の通信技術の研究・イノベーション機関であるベル研究所を擁するアルカテル・ルーセントは、130ヶ国以上で事業展開を行い、業界トップクラスの豊富なグローバルサービスの経験を有すローカルパートナーです。
Euronext ParisおよびNYSE:ALU/フランス法人(本社:パリ)/2010年度売上高:160億ユーロ/
URL:http://www.alcatel-lucent.com/(グローバルサイト)/
ブログ:http://www.alcatel-lucent.com/blog
ツイッター:http://twitter.com/Alcatel_Lucent 

ファーウェイ について
ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:Huawei)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーです。お客様思考のイノベーションとお客様との強い信頼関係により、通信事業者向けネットワーク、端末、クラウド分野におけるエンド・ツー・エンドの競争優位性を確立しています。ファーウェイは通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく献身しており、競争力の高いソリューション及びサービスを140か国以上で提供し、世界人口の三分の一にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。詳しくは、当社ウェブサイト:http://www.huawei.com/jp/
ツイッター(英語):www.twitter.com/huaweipress
および、YouTube(英語):http://www.youtube.com/user/HuaweiPressをご覧ください。
 
Solana Networksについて
Solana Networksはカナダ国内と国外において、IPおよびスイッチドネットワークのための業界をリードするソフトウェア製品とソリューションを提供しています。
Solana社の製品とソリューションはミッションクリティカルなネットワークのパフォーマンスを高め、ネットワークのダウンタイムを削減し、また新しいサービスを実現することを目的として設計されています。同社はインテリジェントなネットワークディスカバリーおよび監視ソリューションを提供し、フラッグシップRoute-Analytics製品であるSmartHawkは世界最大規模の企業やISPネットワークをターゲットとしています。Solana社の製品は、迅速なディスカバリー、障害検出、および原因分析を通じてネットワークの高度なアベイラビリティーを確保する、他には見られない独自の特長を備えています。当社の詳細についてはwww.solananetworks.comをご覧ください。
 
Spirent Communicationsについて
Spirent Communicationsは検査と測定技術のグローバルなリーダー企業であり、データセンター、クラウドコンピューティング環境、高速イーサネットネットワークとサービス、3G/4Gワイヤレスネットワークおよび機器、ネットワークセキュリティ、および全地球的航法衛星システム(GNSS)のための幅広い検査ソリューションを提供しています。当社の詳細についてはhttp://www.spirent.com/about-us/News_Room/About_Spirent_Communications_plc.aspx
をご覧ください。
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業向けコミュニケーションおよびコラボレーションのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、データ・ソリューションおよび関連サービスを世界中のあらゆる企業に提供します。
 
詳細は、アバイアのWebサイト http://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
※Avaya、アバイアのロゴおよびAvaya AuraはAvaya Inc.の登録商標です。その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
 
 
<本件に関するお問い合わせ先>
電話による問い合わせ
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 03-5575-8829
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 03-3486-6222