日本アバイア、Avaya ERSシリーズのスタッカブルスイッチ製品でライフタイム・ワランティを提供開始

19 Jan 2011
日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)は、今後提供するイーサネットスイッチのスタッカブル製品Avaya Ethernet Routing Switch(ERS) 2500, 4500, 5000各シリーズを対象に、製品のサポート終了時期までのハードウェア修理・交換サービスを無償で提供するライフタイム・ワランティを2月1日より提供開始します。
 

近年、企業のIT部門はネットワークインフラの信頼性確保と同時に運用コストの削減を求められており、特に導入数の多いエッジスイッチでのコスト削減が課題となっています。今回提供開始するライフタイム・ワランティにより、企業は製品のサポート提供期間が終了するまで対象製品のハードウェアの修理・交換が追加の費用をかけずに可能となり、特に多数のスイッチを導入する企業は大幅にコストを低減できます。
 

なお、代替品の事前送付や障害解析といったよりきめ細かいサポートは引き続き有償にて提供いたします。
 
 
アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業向けコミュニケーション・システムのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリューション、データ・ソリューションおよび関連サービスを直接、またはチャネルパートナーを通じて世界中の企業に提供します。企業の業務効率、コラボレーション、顧客サービスおよび競争力を向上するアバイアの最先端のコミュニケーションテクノロジーは、あらゆる規模の企業に利用されています。
 
詳細は、アバイアのWebサイト http://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイアについては、http://www.avaya.com/jp をご覧ください。
 
 
 
<本件に関するお問い合わせ先>
電話による問い合わせ
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 03-5575-8829
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 03-4570-3191